春日部駅のクレヨンしんちゃんポスターが「むっちゃ泣きそうになる」と話題に

春日部駅(埼玉県春日部市)に掲示されたポスターが「むっちゃ泣きそうになる」とTwitter上で話題になっている。

ポスターは“夏休みに頑張るお母さんにエールを発信したい”という意図で、食品宅配などを手がけるOisixがアニメ「クレヨンしんちゃん」とコラボレーションして掲示したメッセージ広告。

しんちゃんのイラストと共に、世のお母さんたちに励ましとねぎらいのメッセージが記されているのだが、これがまた深い。

「子どもにとっては、楽しい楽しい夏休み。
けれど、お母さんにとっては…
ちょっと大変な夏休みでもあります。

子どもたちとの遊びに奮闘しながら、
掃除、洗濯、三度の食事。
朝ごはんが終われば、お昼ごはん。
お昼ごはんが終われば、夜ごはん。

献立を考えて、買い物に行き、料理をする。
しかも、夏のキッチンの暑さといったら・・・。

家族で旅行に出かけたり、
子どもたちと過ごす時間が増える。
それはとても喜ばしいことだけど、
夏休みの家事や育児の大変さは、
令和になってもなかなか変わりません。

だから、Oisixは考えます。
「お母さんのために何ができるだろう」

夏休みの買い物や、
毎日の献立に悩まなくていいように。
料理がもっと楽しくなるように。
そして、みさえさんだけでなく、すべてのお母さんが、
夏休みをもっと気持ちよく過ごせるように。

Oisixにできることを考え、
挑戦していきます。

お母さん。夏休み、お疲れさまでした。」

そう、子どもにとって楽しみいっぱいの夏休みは、実はお母さんにとっては普段より負担の大きい過酷な日々に他ならないのだ。そんな日々を過ごすお母さん達のためになにか出来ることはないか……。

このメッセージは見る人の心に確実に響いたようで、Twitter上では数多くの感動の声が上がっている。

「春日部駅のしんちゃんのポスターむっちゃ泣きそうになった。」

「Oisixさん、母の日も父の日も今回も、一瞬で感動する広告素晴らしいです。今日もしんちゃんのポスターに何人もの人が足を止めてました。また次の広告も楽しみにしています。そして
春日部駅はしんちゃんだらけでとってもかわいいです。映えますので是非写真撮りにいらして下さい。」

「夏休み大変だったけどずっと一緒にいられてこんなに大きくなったんだ~って嬉しくて母さんは楽しかったよ。この幼児期や学童期はあっという間に過ぎちゃうのが分かるからずっと見ていたいと思いつつ沢山怒ったし早よ幼稚園始まれ~って思ってるけど我が子が大好きだよ」

「しんのすけ家族はなんだかんだいって、理想の家族だと思う。
喜怒哀楽に満ちてて、決して裕福ではないけど、心は満ちている。

だから、オトナ帝国などでも、家族愛を見せられた、って思います。
お金よりやっぱし幸福が一番だなあ。心まで貧乏になると関係までギスギスする。」

こういった発信が、より優しさのある社会づくりや子供を持つ女性への理解向上につながればと願うばかりだ。

なお、このポスターが掲示されているのは8月26日から9月1日の1週間限定。沿線やお近くにお住まいの方は、ぜひ一度足を運んでご覧になってみてはいかがだろうか。

※一部画像をTwitterから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo