検証! 行列ができる占い館の鑑定結果は本当に一致しているのか

  by 丸野裕行  Tags :  

どうもどうも、最近は不動産や引っ越しの話と犯罪の話しか書いていないライターの丸野裕行です!

大阪ミナミに「恐いくらい当たる」と評判になっている“占いの館”があります。
それを占い大好き女子から教えてもらったとき、「占いなんてそんなに当たるはずないやん」「どうせ誰にでも当てはまるようなこと言われてるんやろ?」と思ってしまった僕。

しかし、実際に平日の客足が薄いときでも100人~120人くらいの女性が店に押しかけているというのです。

う~ん、そんなに当たるか? じゃあ複数の占い師に占ってもらって、鑑定結果が合致しているかどうか検証してみれば面白いんじゃないの、ということで、お店に「取材させてください」と連絡すると、「ええ、いいですよ」とオーナーが快諾。それだけ自信があるということなんですね!

実際に足を運んできました!

店内は、鑑定を持つ女性客でいっぱい

大阪のなんば駅を降りて、戎橋商店街に入って心斎橋方面に進みます。千日前通りを越え、右手にオニツカタイガーがある十字路を右に曲がって直進すると天下一品とダイコクドラッグの隣にありましたよ、『占いの館ジュピター』。

「岡本太郎にデザインを依頼したのか?」、という斬新で妖しい感じのビル。ホームページで確認すると、1988年8月から続く老舗店で、26名の占い師が所属しているそう。

それぞれ四柱推命、タロット、九星気学、五行易、タロット、オラクルカード、西洋占星術などなどを駆使して占ってくれるらしいのです。テレビなどのメディアにもよく取り上げられているようですね。

ここで、僕は実際に4人の占い師に「今後の僕はどうなっていくのか」の鑑定をしてもらって、本当にみんな意見が一致しているのかを調べてみました。

館の中に入ると女性客でいっぱい! もうお客さんがひしめいています。
42歳の厄年が抜けたおっさんも女子に囲まれて、待合席に腰を下ろします。なんだか気恥ずかしい。

女の子のいい匂いこそするものの、心境は針のむしろに座っているかのようです。

あらかじめ鑑定の予約は入れていたのでそれぞれの個室に入ります。それでは30分単位で順番に占ってもらいましょう!

1人目:バロン章先生

DATA:
バロン章
主な占術 タロット、オーラ鑑定、手相
その他占術 霊感、チャネリング、霊感波動術、チャクラ覚醒、ヒーリング
経歴 30才で臨死体験、オーラが見えるようになって以後霊感にも目覚める。オーラの状態(色や大きさなど)を鑑定。様々なテレビ番組に多数出演。

中に入ると、優しいお父さんが座っているという安心感に包まれます。「あ~、この館の中に男が僕だけじゃない!」と勇気づけられもしますね。バロン先生の鑑定はいかに!

入ってきて2、3秒でどういう人かわかるというバロン先生。人の顔に、生まれながらにしての宿命がホログラムのようにダブって見えるそうです。僕を見ていただくと、ダブって見えるのは、笑っている顔。

私には、グリーンと黄色のオーラが見えるそうで、どんな人の話も聞く平和主義者。ケンカも議論もしたくない。人をまとめられるので政治家向き。自分を曖昧にしない、サボらないことで成長し続ける人。

※◎=かなり当たっている 〇=当たっている △=どうだか自分ではわからない ×=当たっていない
《その他の鑑定結果》
・イジメ嫌い ◎
・途中であきらめるのが嫌い ◎
・自分のポリシーを持っていて、冒険する 〇
・多感でインプットすることが多く、アウトプットが追いつかない ◎
・切り込み隊長的 △
・年上に可愛がられる ◎
・仕事人間、趣味が仕事 ◎
・苦労するのが好き ◎
・仕事運もかなり良い △

■総評
運命に動かされているので、苦労して戦って、戦って、運をつかんで成功に至る人

2人目:ハルカ先生

DATA:
ハルカ
主な占術 タロット・手相・九星気学・アニマルコミュニケーション(ペットの気持ち)
その他占術 紫微斗数占星術・姓名判断・風水・家相
経歴 信心深く直観力の強い母の影響で、導かれるように占いを学び、会社員を辞めてプロの道へ。

出迎えてくれるときのハルカ先生の笑顔に安心感を覚えます。話しやすい雰囲気を作ってくれるので、なんでも言える気持ちになりますね。ハルカ先生の鑑定はいかに!

何をやっても、結果的には一番上に立つ。行きたいこと、やりたいことに一直線していれば大丈夫。すべてがクリエイティブで、クリエイティブがスーツを着て歩いているような人間。一般受けしないし、企業に入ると、上司がやりにくい。上司を食う。普通のことをそつなくこなすが、思いきったことをやろうとするので、会社の中では拒否される。

ずっと低迷していた運気が、4月になってどんどん上がっていく。他の追随を許さないほどの女好きで、好きなタイプにとことん惚れる。好きではないタイプに言い寄られても、まったく興味がない。こりゃ当たってます! 自分で商売をしようとは思っていないのに、それがいつの間にか仕事になっているタイプ。

※◎=かなり当たっている 〇=当たっている △=どうだか自分ではわからない ×=当たっていない
《その他の鑑定結果》
・お金に関しては、ドバっと入って、ドバっと出ていく……の繰り返し ◎
・ケンカが嫌い ◎
・みんな仲良くの精神 ◎
・広く冒険するタイプ ◎
・どんどん切り込んでいくタイプ △
・多感 ◎
・頭脳線が長い △
・若い人とも年上とも仲良くなれる ◎
・仕事線が長い ◎

■総評
大器晩成で、生涯現役のまま仕事をし続け、どんどん成功につながっていく人生

3人目:KANA☆先生

DATA:
KANA☆
主な占術 タロット・西洋占星術・数秘術
その他占術 チャクラリーディング
経歴 20年来の勉強から思いがけない偶然が重なり、現在の師匠と出会う。それからは本格的に占いの道へ進む。

今回行っている検証企画の占い師さんの中で、KANA☆先生が一番若いということで、占いの方法も、なんとホロスコープを見て、鑑定するために、MacBook Airが置いてあります。時間短縮のためにこれらは用いられるようです。すごくハイテクですなぁ~! KANA☆先生の鑑定はいかに!

先生は、ホロスコープを確認しながら、いろいろと鑑定しはじめました。

今年1年はスキル・才能が広がり、仕事が多忙。気をつけるべきは誤解を受けないようにコミュニケーションを取ること。家族が幸運に引っ張っていってくれているので、奥さんとのパートナーシップを大切にする。徹底的にこだわりを持って突き詰めていくタイプ。「成功する」という意識を持つ力が強いので、成功すると思う。

※◎=かなり当たっている 〇=当たっている △=どうだか自分ではわからない ×=当たっていない
《その他の鑑定結果》
・自我が強すぎるので、一般受けすることができない ◎
・時間がかかってもやり遂げる ◎
・折り合いがつかないことも楽しんでやる人 〇
・普通の勤め人にはなれない ◎
・仕事が一番の人 ◎
・平和主義者 ◎
・自分の心に嘘がつけない人 ◎
・お金になる仕事が入ってくる △
・ダマされないように気をつけること ◎

■総評
エネルギーが強い。とにかく「成功したい!」という強い意志を持っているので、大丈夫。そのようになる。

4人目:美園万喜先生

DATA:
美園万喜
主な占術 タロット・西洋占星術
その他占術 
経歴 20代後半から占いに興味を持ちはじめて勉強、30代半ばにラクシュミー先生にタロットを学び直すと共に西洋占星術を教わる。

美園先生はサブカル女子チックな雰囲気を漂わせる友達同士で会話をしているような話し方が好感持てます! だから、どうしても知らず知らずに時間が過ぎてしまっていました。

占い開始直後、こちらもiPadでホロスコープを確認。鑑定は先生の目と知識で行いますが、占いにまでITの波が押し寄せているなんて!! 美園先生の鑑定はいかに!

時期的には安定期、冥王星とドラゴンヘッドが通過するときなので、もうすぐいい方向に転換期を迎える。軽そうに見えて、古風な感じ。フットワークはそこまで軽くなく、本心を誰にも言わないタイプ。一度立ち止まって考えて動く大器晩成タイプ。

とにかくモノ作りが第一で、金運もかなり良い。お金が入ってくるタイプ。しかし、ドバっと入ってきてはドバっと出ていきます。

※◎=かなり当たっている 〇=当たっている △=どうだか自分ではわからない ×=当たっていない
《その他の鑑定結果》
・多感 ◎
・どんどん飛び込んでいくタイプ ◎
・実は勤勉 ◎
・キャパシティーを超えた仕事量を持ち帰る ◎
・モノを書く以外の仕事をやると嫌がられる ◎
・人類皆兄弟 ◎
・今から、物事が決まり、拓けていく △
・ダマされやすい ◎
・万人向けしないニッチなことを考えすぎて、勤め人向きではない ◎

■総評
今年物事が決まっていく時期なので、このまま邁進すれば、うまく道が拓ける

検証結果

みなさん、占いの方法は違えど、一様に同じ意見ばかり!
いやぁ~、ビックリしました!!
しかも、最悪だった厄年が抜けて、めちゃめちゃ運気いいし!!

ちなみに、この話を聞いた友人がバロン章先生に占ってもらったら、「半泣きの顔がダブって見える」と言われて、相当凹んでました。

この『占いの館ジュピター』、大阪ミナミの人気スポットになっているようで、海外からの観光客まで来店するそうです。機会があればぜひ!

占いの館ジュピター
住所:〒542-0076 大阪市中央区難波1-6-17
TEL:06-6211-3963
営業時間 昼12:00~夜22:00
(店頭予約 11:45~)
(電話予約 12:00~)
ホームページ
https://jupiter.osaka.nu/

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンデージャポン』、テレビ朝日『EXD44』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、ABC『雨上がりのAさんの話』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビ・ラジオなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: maruchan_writer

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5