「お酒は非合法ではありません」 松本人志さん反論ツイートに賛否「酒飲んで面白くなるならドーピング」「プロの芸人にとって酒はドーピングとは呼べない」

3月18日、人気タレントの松本人志さんが

「ひとしです。

コカインがドーピングなら酒を呑みながら番組やってるお前もドーピングだろ!って言ってくる人がいるとです。

お酒は非合法ではありません〜

ひとしです。ひとしです。ひとしです…」

とヒロシ風のツイートを公開しTwitter上で巻き起こっていた自身への中傷に反発した。

松本さんは3月17日放送の情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ)でピエール瀧さんが薬物使用で逮捕された事件に関して

「僕はやっぱ、薬物という作用を使ってもしかしたら素晴らしい演技をやっていたのかもしれないと思ったらそれはある種ドーピングなんですよ。

ドーピング作品になってしまうので監督としては公開してほしくないんですよね。」

と発言。

Twitter上では一部の心ないユーザーから松本さんの飲み歩きトークで人気のバラエティー番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ)にふれ

「酒飲んで番組やってるお前が言うな!」

などと揶揄する声があがっていた。

松本さんの反撃に対しTwitterユーザーからはあらためて

「興奮剤やって足早くなるからドーピングなんだし
酒飲んで面白くなるならドーピングやん」

「酒が欠かせないアーティストはドーピングではないのか。しかも、酒は非合法だった時代があったのを彼は知らないのだろうか。笑いの感覚のみで意見するのは少し危険な気がする。」

「ドーピングってスポーツ選手が成績をあげるための禁止されている行為を指すので違法薬物かどうかではないよね…」

「ドーピングは違法薬物の使用だけじゃないよ。サプリでもドーピングになるときあるし。うっかりドーピングなどという言葉まであるからね」

といった、ドーピングに対する見解の違いについての指摘や、

「この一件、色々な個人的意見があって当然なので
ただお酒は合法ですよね」

「法律がある以上はそれを守らなきゃ、本当に守りたいものも守れなくなっちゃうよね。」

「松本さんがワイドなショーで言われてた趣旨は、違法合法ではなく、能力のドーピングという事だった
つまりシラフ状態でないことが嫌という事」

「普段面白くない人や、しゃべりに自信の無い人にとってはドーピングかもしれんが、プロの芸人にとっては、思考は鈍くなるし、ロレツは回らなくなるし、空気も読めなくなるし、ドーピングとはとても呼べない。酒はただの癒しです。」

「アルコールは合法というだけで危険性の高いドラッグというのが世界的な認識ですが…無知は怖いですねw」

「実は最近、養命酒という禁断のヤクでドーピングしながら仕事しています。身体が温まってなかなか調子がよい」

などさまざまなコメントが寄せられている。

お酒はいわゆるドーピングにあたるのか。

個人的には薬物と酒を一緒くたにされたらたまったもんではないと思うが、イスラム文化圏など酒を禁じてる国もあることだし、とらえようも色々あってしかるべきなのだろう。

ともあれ意に沿わない相手を全否定したり中傷するような幼稚な行為だけは避けたいものだ。

※画像は『Twitter』から引用しました
https://twitter.com/matsu_bouzu

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲にインスパイアされた音楽性や世界観で独自の地位を築いている。代表曲に「雨にうたれて」(2017年)。プロデュース、楽曲提供多数。 近年は音楽評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo