【国内初】ペットや赤ちゃん、動いてるものを瞬時に3Dフォトスキャンし立体化_運べるコンパクトな新型「3D SNAP」4/1提供開始

このワンちゃんたち、実物を3Dフォトスキャンで撮影し、3Dプリンターで出力した樹脂性フィギュア。

こんな「うちのかわいいワンちゃん」実物そっくりのフィギュアが想像以上に「早く、安く、うまく」つくれちゃう時代がやってきた―――。

手がけたのは、CCC フォトライフラボ。

同社は、3Dフォトスキャン「3D SNAP」を4月1日から提供開始する。

これまでの3Dフォトスキャンは、巨大な機材や長い工程が必要だった。

CCC フォトライフラボの3D SNAPは、「撮影からデータ化まで超短時間」「機材は持ち運び可能」を両立させた国内初のモデル。

これまで難しかった乳幼児やペットを瞬時に3Dスキャン

この3D SNAPの最大の特長は、周囲をぐるっと囲むように設置された64台のカメラが、200分の1秒という速さで同時に撮影(フォトグラメトリ方式)する点。

こうした国内初の技術で、これまで難しいといわれていた乳幼児やペットなど、静止させていることが難しかった被写体も、瞬時にフォトスキャン。

フォトスキャンで得た3Dデータを、3Dプリンターに転送すれば、すぐにフィギュアなどに立体化できるという具合。さらに……。

1時間で設営可能なコンパクト性、軽量性を実現

2つ目の特長としては、これまでの大がかりな機材イメージを払拭させる、軽量・コンパクト性。

バンクラスのクルマで運べるサイズにダウンさせ、搬入から組み立てまで、1時間以内で設営できるように小型化した。

この3D SNAPで3Dフォトスキャンした3Dデータが、圧倒的に速ければ、その3Dデータをもとに立体化させる3Dプリンターもすごい。

CCC フォトライフラボが保有する3Dプリンターは、世界初1000万色以上のフルカラー造形を実現する最新型。

リアルな表現・耐久性の樹脂製フィギュアや、リーズナブルな石膏型フィギュアの2種類から選べる。

撮影から立体化まで、一貫した制作プロセスを提供

さらに、CCC フォトライフラボは、3D SNAPによる制作プロセスを、独自開発の販売プラットフォームで一気通貫。

3D SNAPで取得したワンちゃんや猫ちゃん、赤ちゃんなどの3Dデータは、パソコンやスマートフォンで確認でき、自宅で選びながら最もいい3Dデータを購入できる。

事業者むけ3D SNAP提供プランは3つ。撮影以外のすべての工程を3D SNAPに任せるフルサポートプランは、初期導入費用(スキャナ筐体代込み)で450万円、保守費用月額10万円など。

3Dフィギュア出力費は、1点1万5000円から。ちなみにあのワンちゃんフィギュアは、樹脂製でSサイズが2万円ほど、Mサイズが7万円ほど、Lサイズが13万円ほど。

―――大好きなうちのワンちゃん、猫ちゃん、2人の間に生まれた赤ちゃん……「記念写真を3Dで残したい」という想いが、かんたんに実現できる時代がやってきた。

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。