[注意喚起] 犯罪被害、ストーカーetc…超ヤバい!一人暮らし女子の恐怖体験8連発!

  by 丸野裕行  Tags :  

どうもどうも、特殊犯罪アナリストの丸野裕行です!

引っ越しシーズン真っ盛りですが、一人暮らし女子って犯罪に巻き込まれやすいんですよね。女の子の一人暮らしを狙う犯罪者は世の中にごまんといます。さらに暖かい季節になってくると、おかしな輩も多くなります。

今回は、僕が取材をした一人暮らし女子の周辺で起こった、信じられないコワい体験を綴っていきたいと思います。これから一人暮らしをスタートする女性は、ぜひこれを読んで防犯意識を高めてくださいね。

犯罪被害に遭いそうになったお話

1.ストーカーの被害に遭ってしまった

学校から帰宅したある日、郵便ポストに見ず知らずの男性の名前と連絡先、それと気持ちの悪いメッセージが書かれた手紙が投函されていました。それが週に、1回から2回、4回とものすごい頻度が増えていって、最後にはマンションの郵便ポストからあふれ出るほど手紙が詰め込まれていました。

「ちょっとヤバな…」と身の危険を感じたので、最寄りの警察署に相談。実際に危害が及ぶ前に、そのマンションを引き払うことにしました。今では平穏無事な生活ができていますが、引っ越さなければどうなっていたかと思うと背筋が凍ります。(THさん/22歳/学生)

2.不審者に追いかけられた

防犯のことを考えて、女性専用マンションに住んでいたのですが、自宅の周辺でたびたび不審者の情報があったり、マンションのエントランスまで追いかけられたという住人がいました。ある夜、会社から帰ってくると私も不審な男にすれ違いざまに手を伸ばされ、抱きつかれそうになりました。

それをかわして、逃げると相手は走って追いかけてきました。あのときは、ものすごく怖かったですね。まさかそんな目に遭うとは思ってもいなかったので、驚きました。(HRさん/26歳/美容師)

3.玄関のドアノブをガチャガチャと回された

ちょっと前に同僚との飲み会があり、遅く帰宅したとき、玄関のドアノブの鍵穴が壊されていました。すぐに管理会社さんに相談して、鍵の救急車の業者さんを手配。鍵をしてもらっていると、手口が空き巣に似ているといわれました。

ドア鍵ごと交換し、数日後が経ったある日。深夜の3時頃に玄関のドアノブをガチャガチャと回す音がしました。すぐに警察へ通報し、警察官の方が駆けつけてくれたのですが、鍵穴にドライバーのようなものを差し込んだ跡が生々しくて、ゾッとしました。(ESさん/24歳/看護師)

4.賃貸物件1階部分に住むのは危ない

マンションの1階に女の子が一人暮らしをするのは危ないと聞いてはいましたが、家賃がかなり安かったので、あまり深いことは考えずに住みはじめました。ちなみにその地域は、比較的治安がよくて、安心しきっていました。

ですが、ある日の深夜、ベランダの窓をちょっとだけ開けて、空気を入れ替えをしていると、外に人影が見えました。じっと目を凝らしてみると、そこにはヘラヘラと笑っている男の人が立っていました。まったく意味のわからないことを話しながら、部屋の中へと入ってこようとしたので、勇気をふり絞り、声をあげました。すると、男は一目散に逃げたのですが、1階の部屋には、それ以来は住まないようにしています。(EKさん/28歳/貿易会社)

5.知らない男が部屋に座っていた

友人が遊びに来るので、鍋パーティーでもしようと思い、一人で食材の買い出しに……。寄せ鍋の材料とお酒を買って帰ってくると、戸締りしたと思っていた鍵が開いています。「あれ、おかしいな、閉め忘れたかな……」と思い、部屋に入ると、私がいつも座っているはずのコタツの特等席に、見ず知らずの40代くらいの男の人が座っていました。気を失いそうなほどぞっとしたんですが、ゆっくりと話しかけてみると、どうもその男の人は泥酔状態の様子。

「単身赴任の自宅に帰ってきたのに、なんだか部屋の様子が違う」と言い出しました。話をよくよく聞くと、2軒隣に住んでいる男性のよう。優しく間違いをただすと、その人は帰っていきました。ほっと一安心したのですが、次の日に2軒隣の家を確かめてみると、誰も住んでいない空き家。霊なのか、不審者だったのか……。(EOさん/25歳/ショップ店員)

6.マンションの外で叫び声がして……

一人暮らしの生活を満喫していたとき、たまたま仕事が早上がりできた日がありました。早めに食事を終え、ゆっくりと入浴。ベッドに潜り込んで、映画のDVDでも観ようかなと思っていると、部屋の下から若い女の人の悲鳴が聞こえてきました。

恐怖のあまり何もできなかったのですが、次の日のマンションの掲示板に【昨日22時ごろに目の前の路上で強制わいせつ事件が発生しました】という張り紙が! その時間帯は、いつも私が帰宅する時間だったので、自分が被害者になっていたのかもしれないと思うと、怖くなって、しばらく帰路を変えて帰っていました。(WIさん/30歳/事務職)

7.襲われそうになった早朝

お酒が大好きで、酔って玄関先で寝てしまうクセがあります。その日も友人と飲んで、相当酔って、玄関に倒れこんで寝てしまいました。そのまま眠りこけていると、明け方に見知らぬ男が玄関を開け、「ドアが開いています」と声をかけてきました。

とりあえずは「すいません」とお礼を言い、ドアを閉めようとした瞬間に、いきなり抱きつかれました。押し倒されようとしていることに抵抗しながら叫ぶと、慌てて逃げていきました。本当に恐ろしかったです。(MEさん/32歳/IT勤務)

8.宗教勧誘で危険な目に遭いました

ある日、女性と男性のふたりが宗教勧誘で自宅を訪ねてきました。「あなたは救われる」「この念仏を唱えなさい」などなんだか胡散臭い話をはじめたので、ドア越しに断って帰ってもらうことにしました。

でも、私のその対応が、ふたりの怒りを買ったらしく、男性だけがしばらく玄関前で突っ立って、最終的にドアを蹴って「出てこい!」と脅迫してきました。警察に電話すると、その男性は逃げるように帰っていきました。怖かったです。(INさん/28歳/飲食店勤務)

いかがでしたか?

新生活がはじまる春ですが、一人暮らしをしている女子は、しっかりと防犯意識を持ち、犯罪に巻き込まれないように気をつけてください。

(C)写真AC

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンデージャポン』、テレビ朝日『EXD44』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、ABC『雨上がりのAさんの話』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビ・ラジオなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: urashakaimaru

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5