密猟者と誤認され『Twitter』凍結!? スーパーマラドーナ武智が自らの体験語る

11月24日、人気お笑いコンビ、スーパーマラドーナ武智さんが情報バラエティー番組『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)に出演し、過去2回、『Twitter』アカウントを凍結されていたことを明かした。

原因は自らの失言。

「後輩の女芸人がいるんですけどすごいゴリラに似てるんですよ。ブサイク寄りな。(Twitterで)140文字使って恋愛のことをつぶやいたんですよ。“男ってどうしてこんなんなんだろう……”みたいな。ネタで。

僕が悪いんですけどね、ツッコミのつもりで“殺すぞゴリラ!”と(書いたら)……運営の管理会社は“殺すぞ”だけとらえるの。プラス、ゴリラを殺すんじゃないかと動物保護法的な(問題になって)密猟者って思われた」

と後輩の女芸人のネタツイートにツッコんだつもりがあらぬ疑惑を呼び、あえなくアカウントを凍結されてしまったいきさつを語ってスタジオの笑いを誘っていた。

実際に現在の武智さんの『Twitter』アカウントでは2018年10月21日付で

「2回凍結されましたが、不死鳥の如く舞い戻ってまいりました。スーパーマラドーナ武智です。よろしくお願いします!ひき肉にしてやんよぉ!」

という復活宣言が確認できるが、それ以前の投稿はない。以前のアカウントは削除されてしまったのだろう。

過去への反省から、近年のSNSでは運営サイドによって暴力的な表現や差別的な表現が削除されたり、アカウントごと凍結されてしまう例が急増している。「誤解なのに……」と言ったところで、運営としては公平かつ確実を期すため後の祭りになることがほとんど。ユーザーの方は自らの発言が妥当なものか、くれぐれも気を付けていただきたいものだ。

※画像は『Twitter』から引用しました
https://twitter.com/hikinikugeinin

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲にインスパイアされた音楽性や世界観で独自の地位を築いている。代表曲に「雨にうたれて」(2017年)。プロデュース、楽曲提供多数。 近年は音楽評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo