トム・クルーズの別離に関わる元妻、現妻達がなぜか33歳で統一された奇遇

  by あおぞら  Tags :  

 

トム・クルーズの3度目の妻、ケイティー・ホームズが夫が映画撮影中でアイスランドに滞在している際にニューヨーク市に離婚申請を提出した…..と言うニュースがアメリカを驚かせました。最新のPeopleマガジンのサイトには『ハリウッドのもっともパワフルなスターであるトム・クルーズはコントロールを常にしています。しかし妻で女優、結婚歴5年のケイティー・ホームズは6月29日ニューヨークで離婚申請をしました。その時夫のトム・クルーズはアイスランドで”Oblivion”を撮影中で寝耳に水でした』とありました。

 

アメリカのメディアはこの離婚申請に注目して、ニュース番組でも一般の芸能ニュースより時間を割いて放送しています。いくつかの離婚理由が挙げられていますが、結婚生活がうまくいっているか否かは妻の表情で読み取れると思います。ケイティー・ホームズは女優の割りに人間的というべきか、心の内部が顔に出ていました。また芸能誌ではスターの日常をパパラッチしたものを多く掲載していますが、女優であればカメラにいつどこでも狙われるので、スター達はメイクも洋服も最新の注意をはらっているようです。また、このパパラッチによりゴシップ誌に登場しスター性を維持する女優、また俳優も多いですから、自ら撮られることを意識しているような人たちも多いわけです。

 

そんな中でケイティー・ホームズは素顔のままや、よれよれのジャージで写されることもあり、またその姿をファッションコメンテイターがよってたかって酷評する記事もよく見ました。16歳年下の妻ケイティー・ホームズは初婚、49歳の夫トム・クルーズは3度目の結婚。世間相場ではトム・クルーズに問題がありとみている様相です。

 

トム・クルーズの最初の妻ミミ・ロジャースと離婚したのも現妻が離婚申請した33歳、2度目の妻二コール・キッドマンと離婚したのもキッドマンが33歳の時、婚姻関係はなかったものの同棲生活を送っていたスペイン人の女優ピナロペ・クルスと別れたのも彼女が33歳の時、そして3度目の妻が離婚申請をしたのが妻33歳の夏。トム・クルーズと婚姻関係のあった元妻2人、また離婚申請している現妻の合計3人の女性が33歳の時に、離婚にめぐり合うのは不思議です。ついでに言えばペネロペ・クルスも含めれば奇縁過ぎます。

 

トム・クルーズがアイスランドに撮影に行っている間に養子縁組したイザベラとコナーズの2人の子供が訪ねている時を狙って離婚申請をしたという見方もありますし、また遠く離れて映画撮影している夫に突然の離婚申請はあまりにも酷だという声もありますが、コントロールをし過ぎる夫へ離婚は切り出せず、アメリカを離れた時しかそのチャンスはなかったのかもしれないという考え方もあります。

 

トム・クルーズは俳優としては大成していますが、ドル箱俳優だからと言って知性が備わっているとは言いがたいのですが、かつてブルック・シールズと産後の女性の鬱について論争になったことがありました。ブルック・シールズはプリンストン大学卒の才媛です。産後の女性の鬱には薬が助けてくれたことを発表すると、トム・クルーズはそれに噛み付きました。運動をすればそれは解消されると言うのです。専門の医師が処方する薬でも有害だというのです。

 

これに関しては朝のニュース番組に出演した際に司会のマット・ラウアーがこの話題について触れたとき「マット、マット、マット、マット、あなたは何もわかっていない!」と生放送で言い切ったので、当時この場面が何度も何度も他の媒体で繰り返し放送され、反響を呼びすぎたこともあるのでしょうが、トム・クルーズは後にブルック・シールズに謝罪します。

 

正直のところ滑稽でした。マット・ラウアーは政治、経済、時事問題について全てに精通したキャスターです。その人を前にして「あなたは何もわかっていない」とは普通の感覚からすれば決して言える言葉ではありません。マット・ラウアーは内心煮えたぎるような怒りを覚えたことでしょうが、そこはプロとして冷静に対応していてそこで更に知性を感じさせました。

 

言動、行動にマット・ラウアーの知性でなく、ハリウッド俳優の方は”痴”性を感じさせる場面をテレビ画面でいくつも見ました。ケイティー・ホームズと恋愛中に当時の大人気トーク番組オプラ・ウインフリーショウーに出演中、対談中に唐突に「僕は恋をしているんだ!」とソファーにヒョイと奇妙に飛び乗ったのです、早業でしかも誰が見ても気色悪く、それが事実にその奇行をコメディアン達は面白おかしく茶化していました。

 

ケイティー・ホームズは10代の頃、トム・クルーズのファンで『この人と結婚するんだ…』と思っていたそうです。女優になりテレビドラマで共演した同世代の俳優と婚約までしましたが2005年3月に婚約破棄をしてお互い別の道を歩み始めました。トム・クルーズは後にケイティー・ホームズに興味を持ち、トム・クルーズから連絡をし、そして付き合いは始まりました。大スターのトム・クルーズは欲しいものが何でも手にはいるのです。そして恋愛感情を維持していた頃はお互いいい関係であっても、結婚し、出産し、女性として子育ての考えもあるでしょうが、何にでも拘束しすぎたことが妻の輝きを失わせ、またその現状を把握できていなかったのかも知れません。

 

トム・クルーズはおそらく純真な人だと思うのです。しかし、俳優に関しては大スターであっても、その職業を離れた時にもその大スターの資質が抜け切らなかったのかも知れません。もし、過去の離婚や別れが相手の女性がすべて33歳の奇妙な偶然に気づいていれば、それ以前からどうにか修復は可能だったのかもしれない……とも思うのですが、ハリウッドの世界は一般人には憶測でしか考えられません。

 

トム・クルーズは純真ゆえ、きっと数年以内に素敵な方と運命的な出会いをして、純真に喜びを隠し切れずにマスコミに笑顔の幸せ満杯の写真が飾られるような、そんな予感を今からしています。

 

 

 

 

画像: from flickr YAHOO!

http://www.flickr.com/photos/[email protected]/5899166016/

 

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro