セクシー男優直伝! 大事なときの“性欲UP”ベストフード10選!

  by 丸野裕行  Tags :  

どもどもどもども~、裏社会ライター・丸野裕行でっす♪

以前、セクシー男優に、ここでは書けない件で取材をしたことがあります。
そのときに、「一日に複数の撮影があって、カラダ大丈夫なんですか?」と素朴な疑問で質問してみました。

すると彼は、
「前にも、人妻のセクシー女優に“夜にベッドに誘っても、どんな刺激的な下着をつけても、どんなテクニックを使っても、夫が無反応なんです。どうしたらいいですか?”って相談を受けたことがあるんです。僕はそうでもないですけど、最近では男性の性欲が著しく低下しているみたいなんですよね。だから、僕らセクシー男優は性欲が落ちないように、スタミナ切れを起こさないように工夫しているんですよ」
と返答。

「ふむふむ」と相槌を打ったのですが、「その“工夫”って一体何だよ」ということになるのは当然のことです。

「そうですね、ストレッチと運動など体を動かすことは当然ですけど、僕は食べ物に気を遣っています。やっぱり、せっかく女からのお誘いがあるのに、それに応えなければかなり哀しい思いをさせてしまいますし、それが続けば、セックスレスなんかになってしまって“じゃ、お別れ……”なんて最悪の事態になったりしますしね。彼氏として、夫として性欲がガッツリあがれば、男性としても本能的に“この人、頼りがいがある!”という風になるんじゃないでしょうか?」

はぁ、なるほどですね。では、具体的にあなたは何を食ってるの?
そこで教えてもらいましたよ、セクシー男優が性欲をUPさせる、スタミナをつけるために食べているもの!
では、調理法なども含めて紹介していきましょう!

やっぱり亜鉛は大切!

その1 卵料理

亜鉛を多く含む卵は、性衝動を高める効果があり、食べ方も多種多様。
ゆで卵やオムレツ、だし巻き、茶碗蒸しなどなど、料理のレパートリーの多さを楽しみながら作ることもできます。
もちろん食べすぎには注意ですが、コレステロール値が低い方なら多めに食べても大丈夫!

その2 牡蠣

これも亜鉛を多く含み、苦手でなければ美味しい料理に使えます。
生牡蠣や蒸し牡蠣、焼き牡蠣、カキフライ、土手鍋などジューシーで旨みいっぱいの料理に変身してくれます。

その3 タイ料理

トムヤムクンやレッドカレー、グリーンカレーなど、香辛料を多く含む料理が目白押し。
昔から勃起不全の良薬として、香辛料は利用されていますし、中でも効果的なのが、パクチー。
多めに料理に使ったり、あとから入れて生で食べたりと使い勝手がいいので便利です。
性欲をバッチリと高めてくれるという効果も期待できます!

その4 チョコレート

快楽物質であるフェネルチアミンがカカオの実には多く含まれています。
それは身体の感覚を敏感にさせるこうかもあるので、エッチのときに感じやすくなるという寸法!
アルギニンも含まれているので、精子の質や量に影響します。仕事の途中で少しかじると、集中力も高まり、効果もあります。

その5 蜂蜜

テストステロンの生成を助けるビタミンBを多く含んでいる蜂蜜は、古代ヨーロッパ人が精力をつけるためによく食べたものです。
効果てきめんで、非常に栄養価も高いので、ヨーグルトに入れたり、飲み物に溶かしたり、どんなものにも入れることができるのも魅力です。

鉄板のスタミナ源も多めに取ろう!

その6 スイカ

スイカに含まれるシトルリンは、とても優れた血流改善効果と血管拡張作用を持っているアミノ酸。昨今、かなり話題になっている栄養素です。
セクシー男優も、夏は必ず食べているともっぱらの噂です。

その7 カツオや鰯などの青魚

ペニスの勃起には、副交感神経が働く状態でないといけないので、緊張状態では満足に機能しません。ビタミンB群(ビタミンB1、B5※パントテン酸、B6、B12)を多く含む青魚は、ストレス軽減やリラックス効果、不安などを改善、集中力を高めるなど、精神面の健康維持に効果絶大です。カツオのたたきや鰯のかば焼きなど、料理に使いやすい食材とも言えます。

その8 すっぽん

特にビタミンA、ビタミンB1、アミノ酸も豊富。疲労回復にも効果があり、グルタミン酸グリシンは睡眠の質を改善、肝機能を向上させるメチオニンの量も多いです。必須アミノ酸、カルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛なども多量に含まれていますので、文句なしのスタミナ源だと言われています。刺身やすっぽん鍋、唐揚げなどでも非常においしくいただけます。

その9 鰻

やはりスタミナ食材の代表格といえば、誰もがうなずく鰻! ビタミンA、B、E、亜鉛が多く含まれているので、精力UPに良いとされています。体内の血行をよくして、ペニスに充分な血液が届くのです。うな重や白焼き、肝吸いなど、鰻を食べるとビタミンEよって、海綿体などに多くの血液が分泌されて精子量が増加。男性ホルモンの分泌量の活性化にもつながります。

その10 ジビエ料理

猪やシカ、クマ、カモなどのジビエ=獣肉を食べると滋養強壮効果が強いといいます。
「獣はちょっと…」なんて方も、食わず嫌いなだけで、臭みなどはほとんどありません。
最近では、ジビエ料理店が流行っているので、気軽に口に入れることができます!

どうしてもダメなときの性欲UP番外編

どうしても体力がない、その気にならない、下半身に力が入らない……そんなときに、セクシー男優の彼が頼るのは、“エビオス錠”です。
用量よりも数倍飲み続けると、なんと驚くことに精液の量が倍増するほどの威力を発揮してくれるとのこと。※使用法は守りましょう、決してマネしないでください

いかがでしたか?
このほかにも、松の実アスパラガスなど効果がすぐにわかる食べ物もあり、「元気がないなぁ…」という夏に、性欲だけでなく、スタミナUPさせるために気をつけて食べてみるのもいいかもしれません。

(C)写真AC

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンデージャポン』、テレビ朝日『EXD44』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、ABC『雨上がりのAさんの話』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』などのテレビ・ラジオなどで活動。 地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中!

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: urashakaimaru

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5