【本人インタビュー】 ビックスモールン「ゴンちゃん」が単独トークライブに挑戦すると話題に。前編

2017年、世界最高峰の舞台、アメリカのアポロシアターへの出演を果たし大きな話題になった2人組、「ビックスモールン 」
そのゴンちゃんが、2018年1月26日に単独のトークライブを開催する。

今回、そのトークライブに対する意気込みなどを本人にインタビュー! 前編

※インタビュアー、筆者「すけさん」以下 すけ

すけ「ゴンさん、今回はどうぞよろしくお願いいたします!」

ゴン「こちらこそどうぞよろしくお願いいたします!」

すけ「今回、相方のチロさん無しの、しかもトークライブということになりますが、心境はいかがでしょうか?」

ゴン「そうですね、なんていうのでしょう、自分への戒めといいますか、挑戦といいますか、トークは普段から絶対にできるという状態でないといいますか、普段はトークから離れた場所で勝負しているので。例えば、言葉の垣根がない外国でボディアートをしているというのがその最たる部分と言いますか。トークというのは脳みそが全く逆のところにあるんですよね。だから逆に楽しみではありますよね。」

すけ 「なるほど、ある意味ゴンさんにもまだわからない化学反応が起きるかもしれないという感じ。」

ゴン 「そうですね、自分でもよくわからないんですよね、自分でそこになってみないと。」

すけ 「例えば普通の事務所のライブなどで、エンディングなどでちょっとしたトーク時間がある場合もあると思うのですが、そういった部分のトークは事前に用意して行くものなのですか?」

ゴン 「いや、全くないですね。そういう機会が最近少ないのもありますし、その場の空気でワーっとやっちゃいますね。ただ、あまり上手く行った試しはないですね。笑」

すけ(笑)

ゴン 「でも、本当に難しいですよ、一人でトークをしていくというのは。」

すけ 「トークの面でもチロさんの存在というのは本当に大きなものなんですね。」

ゴン 「そうですね、それは間違いなく。飛び道具といいますか、困った時のパターンのようなものがあったりするんです。なので自分一人でトークというのは、結構、結構ーなお仕事だと思います。笑」

すけ 「なるほど。では例えばといいますか、結構大きな枠の話になってしまうのですが、今後も芸人を続けて行くという部分において、もちろん今メインにしているボディアートは素晴らしい芸なのですが、今の時代というのは、テレビでもなんでも使われる、使いやすい芸人さんというのはアドリブが効く人、アンテナを広く張っている人という部分も多いですよね。そういう部分を広げていこう、という考えはありますか?」

ゴン 「もちろん、もうそれしか無いですよね、今の時代。そこが一番大事な部分だと思っています。」

すけ 「そうですよね、僕もあまり好きな言葉じゃないですが、一発屋といわれる方々というのは、ヒットするギャクなりを持っていますよね。ただ、どうして続かないかとなると、突き詰めていくとアドリブ力だったりが足りないということになってしまう。」

ゴン 「いわゆるトーク力ですよね。」

すけ 「そして、様々な事に詳しいですとか、一つのものを一つと思わない視点の角度だったり。」

ゴン 「そうですね、ただ僕はMCをやりたいわけではなく、子供番組のMC的なものをやってみたいのはあります。受けといいますか、いじられる側を目指していいと思っているんです。」

すけ 「なるほどなるほど。」

ゴン 「その位置だとキレイに話せなくても良い場合があると言う、要は番組などを作る上で、全員が全員できるタイプのタレントだと番組にならないという。」

すけ 「そうですね。」

ゴン 「なのでその辺りは適材適所でいいのかな、とは思うんですけれども、できていてできないはできるけれど、できなくてできないは、結果、できないので。笑」

すけ 「笑」

ゴン 「なので出来たに越したことはないとは思いますね。笑」

すけ 「でもゴンさんの場合、あくまでも僕からみてですけれども、周囲に、例えばオードリーの若林さんでしたり、勉強できる環境にはすごく恵まれているような気がするんです。普通と言ったらその境界線は定義できないですけれど、普通はなかなかそういう恵まれた環境というのは無いと思うんです。先輩となかなか絡みがない、あっても空気的に遠いですとか。なのでゴンさんは恵まれている環境と言ってもいい、のでしょうか?」

ゴン 「そー、うなん、ですよねー。」

すけ 「そこでドラゴンボールのセルみたいに、吸収していくというか。」

ゴン 「確かに僕は、本当に類い稀なる恵まれた環境を、ことごとく台無しに‥笑」

すけ 「笑」

ゴン「だって、あんなにも最前線で活躍する方々に囲まれて、例えば、昨日も若さんと飲みに行ってきたのですが。まあ、それでも売れる人と売れない人っているんですよね。笑」

すけ「どうなんでしょう? 例えばゴンさんの場合、逆に近くにそう言った先輩が近くにいて、近すぎるからこそ吸収してやる! という気持ちが薄くなってしまうと言いますか、学校に家が近いやつの方が遅刻することが多いみたいな感覚があるんでしょうか?」

ゴン「う~ん、極論なんですけど、そういう好きな人といる方が、嫌いな人といるよりも良いなという、人生ってやっぱり有限なので。笑」

すけ「笑」

ゴン「なんかもう、ガマンしてその時間をすごすのが嫌だなって思っちゃうんです。特に最近はその思いが強くなっているんです。」

すけ「なるほど。でも、例えば昔の落語界のような芸人さんの場合、弟子の方って、決していつも師匠といて居心地が良いというわけではないと思うんですよね。だからこそ、アメとムチを自分でも感じて吸収するタイミングを知っていくというか。その点、ゴンさんが普段一緒にいることの多い若林さんは、きっとすごく優しくて、その吸収のタイミングを逆に失ってしまうということがあるのでしょうか? 居心地が良くなりすぎていると言いますか。」

ゴン「そうですねー、まあ、僕たちはそう言った昔の芸人さんの師匠と弟子という形ではもちろんないんですが、確かにすごく優しいのは確かですね。気を使ってくれますし。でも確かに難しいといえば難しいですよね、完全に師匠と弟子という形でもないので。そういう形ならもっとズバズバ言えるのかもしれませんしね。」

すけ「なるほど。」

ゴン「でも考えようによっては、今の状態だから言える事もあるのかなって思いますね。

非常に貴重なゴンちゃんへのインタビューは、
※後半へ続くんです。

イベント告知動画はこちらです。
ゴンちゃんイベント告知動画インタビュー

【告知】

ビックスモールンのゴンちゃんが1人でトークライブ!

ライブ代金は、税込999円

当日1000円札でお支払いいただいた場合、ゴンちゃんより、パックした1円をお返しさせていただきます。どうぞ御守りとしてお持ちください。

日時
2018/1/26 金曜日

場所
neuro tokyo
http://neuro-cafe.com
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目13−2

以下ご記入しメール送信をお願い致します。
お名前(必須) ※本名でなくても構いません。
ゴンちゃんへの質問(イベントで使用させていただく場合があります)
[email protected]

※以上、こちらからの返信をもって予約完了となります。
どうぞよろしくお願い致します。

すけさん

テレビ番組プロデューサー CMプランナー 元ファミ通の編集

ウェブサイト: https://www.facebook.com/eggcoretokyo

Twitter: @kobasukesan

Facebook: eggcoretokyo