アメリカ第5位の治安の悪い市に行ってみて感じること

  by あおぞら  Tags :  

アメリカのワールドアトラスと言うサイトでアメリカの治安の悪い都市ランキングが見られる (http://www.worldatlas.com/articles/most-dangerous-cities-in-the-united-states.html 2017年2月22日)。

因みにベスト10を挙げてみると以下のとおり

(1) セントルイス  (ミズリー州)
(2) バルティモア  (メリーランド州)
(3) デトロイト   (ミシガン州)
(4) ニューオリンズ (ルイジアナ州)
(5) ニューアーク  (ニュージャージー州
(6) ミルウォーキー (ウィスコンシン州)
(7) ワシントンDC
(8) カンザスシティー(ミズリー州)
(9) シンシナティー (オハイオ州)
(10)メンフィス   (テネシー州)

先日、その治安の悪い都市で第5位のニューアークに行ってきた。治安の良い都市と悪い都市はどう違うのかを体感してきた。ニューアークへはニューヨークからパストレインやニュージャージートランジット、アムトラックの鉄道を利用するか、もしくはバスで行ける。

ニューアーク駅周辺は都会的で高層ビルも立ち並び、駅前にいる限りなぜ治安が悪いのかはわからない。パナソニックアメリカの本社はニューアーク駅前の高層ビル群の中に大きなPanasonicの文字をビルに掲げ存在感を示している。日本から来る出張者もきっとそこだけを見ていれば治安の悪い都市第5位の汚名は理解できないと思う。

駅前からバスに乗る。ニューヨークのバスに比べて車内が安っぽい。乗客は黒人ばかりで東洋人の私はかなり浮いている感じ。バスがニューアーク駅前のバス停を離れメインのマーケットストリートを走る。バスなので数分ごとの停留所で停まり人々が乗客となる。平日の昼なのにこのあたりには白人が全く見当たらない。車内の乗客は柄が悪く若い男女が耳をつんざくような大声で下品な言葉を使い、マナー悪く我が物顔で振舞っている。

バス車内の椅子に、床にゴミが散乱している。ニューヨークのバスでたまに何か食べている人がいるが多少遠慮がちに見える。ニューアークではハンバーガーを持ち込んで、匂いを車内に充満させてもバス運転手は注意をしないようだ。注意をしたらキレそうな若者には注意しない方が危険を回避しているのかもしれない。ハンバーガーを食べ終えた若者は、紙袋などを平気でバスの床に置いている。

バスの降り口であるバス中ほどのドアが、停留所が来た時にパッと短い時間開く。その短い瞬間にドア近くに座っていた若い男性は自分の座る位置から開かれたドアに向かってゴミを車外に見事に投げ捨てた。これは見事というしかなかった、決してほめられたことではないけど。

治安が悪い場所は当たり前のルールが守られていない。バスにゴミを捨てないのだ、普通は。ましてや自分の座っている椅子からドアが開いた瞬間に車外にゴミを投げ捨てるなんてことはしない。普通なら他の乗客に見られているから恥ずかしいと思うはずだが、治安が悪い場所はフツウが通用しないのである。

バスに揺られて30分弱、ニューアークの土地に降りてみる。舗道にゴミは当然のように捨てられている。コンクリートの舗道の凸凹が目立つ。だらしない恰好をした若者がだらしなく歩いている。こういう治安の悪い場所にも韓国人の経営するスーパーマーケットやネイルサロン、またクリーニング店があるのが驚かされる。簡素だけど中華料理店もあり、当然中国人が経営している。こうみると同じアジア人でも韓国人や中国人は本当に逞しい。こういう場所で日本人が店を経営することは先ずないだろう。

それらの店があるサウスオレンジアベニューにいきなりパトカーが4台現れ、警官たちは皆白人だったが、ニューヨークでは見たことがない後部の窓が檻になったパトカーの座席に少年のような幼い若者が囚われていた。痩せた少年は力なく外を見つめていたが、決して逮捕されるようないかつい若者でなく、一体何をして囚われの身になったのだろうと気になるし、若者の未来を思うと心配だ。

人通りは多くない通りだが、物珍しく見ている通行人もほぼいない。もしかしたらこのような光景は治安の悪い都市では日常茶飯事なのだろうか。

その昔訪れたシンガポールを思い出した。シンガポールは犯罪の少ない安全な国である。治安の良い都市は決まりが徹底している。友人がマニラに住んでいて出張でシンガポールを訪れた際、シンガポールのチャンギ空港着陸前のアナウンスで「麻薬の持ち込みをすると死刑です」とあったので、わかっていたけどアナウンスを聞いて驚いたと言っていたが、ニューアークでは麻薬のやりとりは当たり前だろうし、シンガポールと違いマリファナを持っているだけで死刑なんてありえない。

この厳しきシンガポールの安全はルールの徹底から成り立つもので、ニューアークのような無法地帯に見える土地は確実に治安が悪くなるのだ。

治安の良し悪しはゴミの有無で判断可能である。シンガポールのようにゴミを捨てれば罰せられる国もあれば、バスの中から降り口ドアが開く瞬間に車内から外にゴミを投げ捨てるニューアーク。そこかしこの悲しきゴミの散乱具合が治安の悪さに比例する。それに加えて舗装されていない凸凹の道は精神にまで歪みを与えるように思える。

今はまだ春先、だから悪臭は放たないけど、治安の悪い場所は気温上昇と共に視覚だけでなく嗅覚でも治安の悪さを体感させるようになるだろう。

画像: from flickr YAHOO!
https://www.flickr.com/photos/somacommunitylink/2741794422/sizes/z/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro