SMAP解散騒動に思うこと

  by あおぞら  Tags :  

SMAPの解散騒動から、芸能ニュースであれども日本中に激震が走り、その余波は意外にもニューヨークまで届いた。日本人が集まればSMAP解散の話題には触れてしまうからだ。

『SMAPXSMAP』の異例の生放送で、謝罪の言葉をそれぞれのメンバーが口にした。背景は黒、メンバーたちも黒いスーツを身に着け、なんだか告別式のような暗い印象だった。

まさかこの国民的アイドルのSMAPにこんないざこざが起きていたとは、ニュースに出るまで全く知らなかった。それは内部事情を知る人以外、誰も知る由もなかっただろう。

ただ、お正月の『すべらない話』に出演した中居正広が、ジャニー喜多川の誕生会に出席した時、主賓が陣取るテーブルに全く知らない少年を見つけ、挨拶もないし訝しがっていたところ、それが近藤真彦の息子であることを知った話をした際、爆笑はとったもののコレによりジャニース内部のゆがんだ一面を見せられた気もしたし、いくら近藤真彦が先輩であっても、誕生会に自分の息子を連れてくること、また主賓のテーブルに着席させる傲慢さは首を傾げるところがあった。

中居正広の考え方はとても常識的であると思う。先ず、目下の者が目上の者に挨拶に来るのは当然で、また例え小学生であってもそんなことも躾けていない子供は大人の会合に出席させるべきではない。

ジャニーズの経営陣に気に入られている近藤真彦はジャニーズ内で先輩風を吹かせ、傍若無人に振る舞っている姿が容易に想像できる。ただ、エンターテイメントの世界も売れてなんぼで、近藤真彦は昨年末の紅白歌合戦に久しぶりに出場し、オマケにトリまでとっても既に生産性のない過去の人。

中居正広はきっとこういうジャニーズの体制に疑問を持っていたんだろうと思う。それに長年属してお世話になった事務所でも、いろいろやりにくいことも多かったのだと思う。

経営陣もメリー喜多川は娘のジュリーに美田を残したい。次期社長は娘にさせたい。しかし、娘と馬の合わない同性のSMAP敏腕マネージャーの存在が鬱陶しくてたまらない。

この問題劇のジャニーズ経営陣の主人公は3人とも女性である。ここが変に感情をこじらせてある意味”姑息”なやり方に発展してここまでことを荒立ててしまったと思う。

テレビの生放送でSMAPにあのように謝罪させるという見せしめ的な、またさらしものにするようなジャニーズ事務所って求心力を失うと思うし、所属するジャニーズのタレントに『お前たちが独立するとなったらSMAPでさえこうなんだから、どうなるか覚えていろ!』と言わんばかりの措置である。これってなんだか闇の社会の采配にも思えてそら恐ろしい。

東日本震災で多額の寄付を募り、また自らも寄付を差し出すSMAP。社会貢献し、ジャニーズ事務所の稼ぎ頭で、どれだけジャニーズ事務所はSMAPで稼いできたかだ。それなのに平均年齢は40歳を超える大人すぎる男性達をカメラの前に立たせ謝罪させ、一体どれだけの悪事をしでかしたというのだ。

栄華を極めたソロモン王も栄えていてもやがて落ちて行った。豪華絢爛ソロモン王の栄華がやがて自滅していくさまを、このSMAPの生謝罪に見た気がした。ジャニーズ事務所は功労者のSMAPをさらしものにすることで、徐々に下り坂になっていくような気がする。

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro