口先だけの人への対処法

  by あおぞら  Tags :  

心にないことを口にすることこそ罪なことはないと思いますね。口先だけの言葉ならそのまま肚にしまってろ!って言いたくなるけど、それはなかなか言えないからイジイジしてしまうんですけどね。

例えばよく「遊びに来てくださいね」と笑顔で仰る方がいますが、具体的にいつ招いてくださるかを仰らない。またレストランのギフトカードがあるから「〇〇レストランに行きましょうよ、ご馳走します!」と仰るものの、月日はただ流れて当然口先だけの架空接待に終わってしまう。

人間というものは、何かを提示されると本能的に「ありがとうございます」と口に出てしまうものですが、”仮取引”の提示に対していちいち感謝させて、結局何も発生しないことに疲れた経験はありませんか?

要するに平気で人を振り回す人が世の中にはいて、また振り回される人も世の中にはいるのです。

人を振り回す人は、あまりその振り回していることに対しての意識はありません。振り回される側は、毎度毎度ストレスを感じながら適度に”振り回され”に付き合ってしまいます。そしてストレスでイライラして、なかなか眠りにつけないこともあります。困ったことですよね、人間関係….

人に愚痴ると自分の器の小ささを露呈してしまうし、かと言って振り回されるのは御免こうむりたいし…..

確実に言えることは『人の振り見て我が振り直せ』で、自分は他人を振り回さぬように細心の注意を払わなければいけないと、自分を戒めることだと思います。

ありがとうございます!と言う美しい日本語を使うからには、本当の感謝の気持ちを表すために口にすべきで、もし、空虚な『ありがとうございます』の会話が続く間柄なら、そしてちょっと距離を置き、自分からの発信を避ければいいのです。

人間関係の流れを少し変えれば、少しだけ変化が現れます。本当に心から感謝の心を伝える人に出会うために…..

画像: from flickr YAHOO!
https://www.flickr.com/photos/[email protected]/2755905578/sizes/m/

ニューヨークから発信しています