アニメ映画『ルックバック』が子供も大人も老人も1700円均一でネットがザワつく→ しかし

  by クドウ@地球食べ歩き  Tags :  

人気漫画『ファイアパンチ』や『チェンソーマン』の作者であり、『恋は盲目』や『さよなら絵梨』など、複数の作品で高評価を得ている漫画家・藤本タツキ先生。その鬼才が描いた漫画『ルックバック』が映画化され、大絶賛されている。

チケット料金が1700円均一

『ルックバック』は映倫にて「G区分」に指定されており、子供も大人も鑑賞が可能だが、どの年齢層だったとしても、チケット料金が1700円均一となっており、インターネット上で話題となっている。

上映時間は57分と短い

実際にTOHOシネマズでチケットを予約購入したところ、特別料金と表示され、1700円以外の選択肢がなかった。本来ならば幼児、小学・中学、高校生、シニア、障がい者割引などから選ぶことができるが、『ルックバック』は誰であれ1700円均一。さらに上映時間も57分と短いためか、不満の声が出ているのが事実だ。

そもそも映画は博打

しかしながら、映画を尺の長さで評価するのは大きな間違い。尺が短い名作は山ほどある。さらに「1700円は高い」と感じるならば「観ない」という選択も取ることが可能。そもそも映画は博打であり、観て満足するかどうかは観るまでわからない。1700円というお金を払い、満足できたのであれば問題ナシ。たとえ「イマイチだった」と思っても問題はない。博打をしない選択肢があったにも関わらず、博打をした結果なのだから。


※記事画像はえいが『ルックバック』ポスターより引用

酸素と砂糖水と樹液が大好物 https://twitter.com/kudo_pon

Twitter: kudo_pon