歯間の磨き残しは約40%!?食欲の秋に始めたい歯間ケアにおすすめ商品3選

 

食欲の秋に気を付けたいデンタルケアですが歯間部の歯周プラークは、ハブラシだけでは約 60%しか除去できないと言われています。特に口の中の届きにくい場所にある奥歯は、ハブラシだけでは歯周プラークを除去することが難しく、むし歯や歯周病により他の歯と比べて失われるのが早い傾向にあるようです。

 

また最新の調査では8割以上の人が奥歯治療経験者で奥歯に問題を抱えているいうことが分かりました。一方で、磨き方に自信がある人はたった3割という結果がでています。

<調査概要>
サンスター「奥歯ケアに関する調査」
対象者 :全国に住む 30 代以上の男女 1,000 人(有効回答数) ※10 歳刻み性年代/各 125 名で均等に割付
調査期間 :2020 年 7 月 29 日~7 月 31 日
調査方法 :インターネット調査

 

そんな問題が起こりがちな奥歯をきちんとケアできる商品を紹介します。
食欲の秋だからこそ、いつまでも自分の歯で味わえるように奥歯ケア始めてみませんか?

奥歯にも届きやすい「ガム・ウェルプラス 曲がるソフトピック」

口内環境コントロール発想でお口と身体の健康を考える「ガム・ウェルプラス」シリーズから、2020年8月より発売されたゴムタイプの歯間ブラシ「ガム・ウェルプラス 曲がるソフトピック」。ハンドルの角度が自由に変えられる新設計の歯間ブラシで、前歯はもちろんみがきにくい奥歯にも使いやすく、歯周プラークをしっかりとかき出すことができます。

40本入り/450円(税抜)

小さめのヘッドで女性にもぴったり「オーラツー プレミアム クレンジングフロス ハンドルタイプ」

美を叶えるオーラルコスメ「オーラツー プレミアム」の2019年10月より発売された「オーラツー プレミアム クレンジングフロス ハンドルタイプ」。女性の小さな口でも、奥歯の歯間まで使いやすい小さめヘッドを採用していて磨きやすいハンドルデザインです。さらに、狭い歯間部に入りやすい、細くて切れにくい糸を使っており「ミントフレーバー」なのも嬉しいポイントですね。

30本入り/500円(税抜)

カラフルでポップなデザイン「フレッシュフロス」「Qoo10」

口臭ケアシリーズの『トゥービー・フレッシュ』から2019年11月に発売されたオーラルケアアイテム「フレッシュフロス」。フロスにはイタリア製のPTFE(テープ状フロス)を採用し、独自技術のエンボス加工により、歯垢をしっかり除去します。さらに今までの歯間フロスにはなかったポップでかわいらしいデザインにも注目です。

50本入り/498円(税抜)

 

 

一つしかない自分の歯を守っていくために、ハブラシにプラスして自宅でしっかりと歯間ケアをしてみてはいかがでしょうか?ぜひ、試してみてください♪

 

 

まえこ

旅行、美容、ライフスタイル、エンタメ、ガジェット、小ネタまで広く深く書きます。美味しいご飯と可愛い女の子が好き。記事アップは不定期です。何かあれば問い合わせフォームからご連絡ください ☞ https://forms.gle/VjZwqXrToEsJRjbs5