赤羽がとりもった縁? 漫画家・清野とおるさんと壇蜜さんの入籍発表に驚きの声

  by 中将タカノリ  Tags :  

漫画「東京都北区赤羽」などで知られる漫画家の清野とおるさんがタレントの壇蜜さんとの電撃入籍を発表し話題になっている。

11月22日早朝、清野さんは自身のTwitterを更新し、壇蜜さんと東京都北区の区役所で入籍したこと、これからも赤羽に住んで漫画家として活動を続けることを発表。顔をイラストで隠したツーショット画像をお披露目した。

https://twitter.com/seeeeeeeeeeeeno/status/1197651735289847808?s=19

「こんなマイナーカルト漫画家と、壇蜜さんが北区役所で「入籍」とか意味がわからないですよね…。
僕もまったく意味がわかりません。
3年くらい前に結婚は完全に諦めたので「ラッキー」でした

これからも赤羽に住みつつ、くだらない漫画を描き続けていく所存ですので、よろしくお願いします」

二人は2017年3月にバラエティー番組「櫻井・有吉THE夜会」で共演。イメージのまったく異なる二人が赤羽のディープな飲食店を巡るロケは一部で話題になっていたが、まさかその後交際し結婚に至るとは驚きだ。TwitterなどSNS上では清野さんの発表に対して大きな反響が起こっている。

「先日のサイン会に夫婦で伺った時、「結婚っていいですか?」と清野先生からお尋ねされたのですが、そういうことだったのでしょうか。
清野先生、なんやかんや結婚は良いものだと個人的に思います。
本当にご結婚おめでとうございます」

「今年一番ビックリしました!
ナムルとパンケーキが一緒に出てきたような不思議な感動を覚えました!
壇蜜さんも清野とおるさんも大好きです。
おめでとう御座います、温かいご家庭でありますように!」

「朝からびっくり!
と、言うことは壇蜜が赤羽に住むということ…?」

「ご結婚おめでとうございます。
…まさかご自身に祝福されるとは思ってかったでしょうね。
ってこのイラスト書いたときは既にお付き合いしていてこの写真撮ることも予定してましたかね?」

https://twitter.com/hiroyuki_ni/status/1197654062717718528?s=20

ディープスポットがとりもった二人の縁……清野さんと壇蜜さん、これから赤羽で素敵なご家庭を築いていただきたいものだ。

※画像はTwitterから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo