「ズバってる」 氷川きよしさんによる新語がネットでバズり中

演歌歌手の氷川きよしさんによる新しいネット用語「ズバってる」がバズっている。

氷川さんは11月20日、黒柳徹子さんが司会を務めるトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演。

2017年のシングル「限界突破×サバイバー」のライブ映像が発表当時に注目を浴びTwitterの国内トレンド1位になったというエピソードを語っている最中に、「バズっている」と言いたいところを「ズバってる」と言い間違えてしまったようだ。

「氷川きよし / 限界突破×サバイバー ~「氷川きよしスペシャル・コンサート2018 きよしこの夜Vol.18」より【公式】」
https://youtu.be/2fmucSKJXxQ

Twitterは詳しくないという氷川さんだが、お茶目な言い回しの「ズバってる」はそれはそれで汎用性が高そうだ。氷川さんの生み出した新しいネット用語に視聴者からは大きな反響が起こっている。

「わぁ!
徹子の部屋に氷川きよしさんが出てた
氷川さん『ツイッターでズバったんです。日本で1位のズバりだった』
徹子さん『ズバる?…‥バズったんですね』
氷川さん『はい、バズったんです」』」

「開始早々きーちゃん節デターwww
バズる→ズバるwww使おww
きーちゃん、これからもいっぱい
ズバらせるからねー」

「氷川さんがそう仰るなら今日からバズるはズバるでいいと思います」

「氷川きよしから新たなるTwitter用語、爆誕!
『ズバッてる』→バズってるの代わりにお使い下さいw」

「急激にバズる時やコレはすげぇネタだ!という時に
『ズバッてる!』という事になるかも」

近年、活動の幅が広がり美しさにも磨きのかかる氷川さん。これからもどんどんズバっていただきたいものだ。

※画像は「徹子の部屋」オフィシャルサイトから引用しました
https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo