「周りに振り回されて欲しくはなかった」 NAOMIさんがCHAGE and ASKA決裂の原因に言及

8月27日、歌手で芸能事務所『アンカンシェル』代表のNAOMIさんが自身の『Instagram』上でCHAGE and ASKA決裂の原因に言及して話題になっている。

NAOMIさんは1980年代、小久保尚美名義でアイドル歌手として活動していた当時からASKAさん、CHAGEさんと交流があり、近年は二人のパイプ役を務めていたと告白。

その上で、CHAGEさんが周囲の人物の影響でASKAさんと距離を置き、会うことを避け続けたことが今回のグループ決裂の原因だったと指摘している。

<CHAGE and ASKA>になる前
「36,7年前の
「チャゲ&飛鳥」の頃から
お2人と出逢い
仲良くしております。
妹のように可愛がって頂いています。

今回の話を聞いて
正直、ビックリはしませんでした。

ASKA兄の新事務所の稼働以前、2,3年ぐらい前に、ASKA兄から頼まれ
連絡係としてCHAGE兄さんには
何度か電話連絡を入れていました。

ですが
お2人を逢わせることは叶いませんでした。

個別で逢うしか方法がなく、CHAGE兄さんのDinner showにも主人と
3年続けて行きました。

罪を犯したのは、ASKA兄が悪い。

それは本人もBlogで綴っていた通り
その頃、CHAGE兄さんへ出来る限りの連絡方法を見つけ、謝罪を伝えて。

CHAGE兄さんは
何故?8月の今ではなく
もっと早くASKA兄と2人で逢おうしなかったのか?

私が電話連絡した際に
何故?2人で逢って話せなかったのかな?

CHAGE兄さん
私は今でも、それがとても不思議で解せないところです。

高校時代からの長いお付き合いのお2人です。
2人だけで直接逢って話せば
簡単に解決出来た問題だと、私は今でもとても残念で哀しく感じております。

これは
私の知っている事実です。

CHAGE兄さん
周りに振り回されて欲しくはなかったな…。 今でも本当に哀しいよ。」

https://www.instagram.com/p/B1omY9MA4p4/?igshid=if9jttfvlsp1

この投稿をInstagramで見る

<CHAGE and ASKA>になる前 36,7年前の 「チャゲ&飛鳥」の頃から お2人と出逢い 仲良くしております。 妹のように可愛がって頂いています。 今回の話を聞いて 正直、ビックリはしませんでした。 ASKA兄の新事務所の稼働以前、2,3年ぐらい前に、ASKA兄から頼まれ 連絡係としてCHAGE兄さんには 何度か電話連絡を入れていました。 ですが お2人を逢わせることは叶いませんでした。 個別で逢うしか方法がなく、CHAGE兄さんのDinner showにも主人と 3年続けて行きました。 罪を犯したのは、ASKA兄が悪い。 それは本人もBlogで綴っていた通り その頃、CHAGE兄さんへ出来る限りの連絡方法を見つけ、謝罪を伝えて。 CHAGE兄さんは 何故?8月の今ではなく もっと早くASKA兄と2人で逢おうしなかったのか? 私が電話連絡した際に 何故?2人で逢って話せなかったのかな? CHAGE兄さん 私は今でも、それがとても不思議で解せないところです。 高校時代からの長いお付き合いのお2人です。 2人だけで直接逢って話せば 簡単に解決出来た問題だと、私は今でもとても残念で哀しく感じております。 これは 私の知っている事実です。 CHAGE兄さん 周りに振り回されて欲しくはなかったな…。 今でも本当に哀しいよ。 #賛否両論はあるが #お2人との出逢い #北風物語のリリース後だと記憶しています #chageandaska #今でも大好きな2人です #それぞれの道へ #前を向いて参りましょ。

NAOMI Nakano(中野尚美)さん(@naominakano703)がシェアした投稿 – 2019年 8月月26日午前9時45分PDT

ASKAさんとCHAGEさん、高校時代以来の固い絆で結ばれていたはずの二人がどのような経緯で決裂に至ったのか……正確な情報はこれまであまりに少なかった。今回のNAOMIさんの投稿に、CHAGE and ASKAのファン達の間では大きな反響が起こっている。

「ファンの方情報でここに辿り着きました。
近いところにいた尚美さんならではのお言葉、有難いです。
ネット上のニュースコメントには、よく知らずにコメントされてる方が多く悲しかったので…
こういう真実がちゃんともっと世に知れ渡りますように。。。」

「世間の風の冷たさにモヤってましたがこのコメントを読んで安堵しました。やっと泣けました。ありがとうございます。これからも変わらず2人を追いかけていきます。」

「なるほど。
マー坊さん、啓介さん、要さんも同じような事言ってたけど、やはり。。。
いつかは笑って話せる仲に戻ってほしいなぁ。」

「そんなに早くからでしたか。では、事件からですかね。
尚美さん、是非、Chageさんを見捨てないで下さい。きっとこのままでは、1人になり、今いるスタッフも離れどうかなってしまいそうな気がします。
今は強がりかもしれない。どうかChage兄を見守ってください。心配です。ASKAさんも、そうだと思うから。
失礼しました。」

CHAGEさんがなぜASKAさんを避けるようになった理由はなお想像するほかないが、NAOMIさんの投稿が近年の二人の関係性や意志を知る上でたいへん貴重な証言になったことは確かだ。

※画像は『Instsgram』から引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo