「かねちーはいい子」 ハライチ岩井さんが「24時間テレビ」ねつ造疑惑渦中のEXIT兼近さんをフォロー

8月26日、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さんが自身のTwitter上で「かねちーはいい子だよ。」と、EXIT・兼近大樹さんの人柄についてツイートした。

https://twitter.com/iwaiyu_ki/status/1165964035579203584

他事務所ながらお二人に交流があることは知られているが、なぜいま兼近さんなのか……。

実は未だテレビキー局のニュースや大手新聞では取り上げられていないが、兼近さんは先日放送された「24時間テレビ」(日本テレビ)内に設けられたコーナー「二宮和也の“あの人に会いたくない!”」を発端としたねつ造疑惑の渦中にいるのだ。

このコーナーでは2005年、当時中学2年だった兼近さんが、交際していた女性を二股にかけて男性不信に陥らせたという内容のVTRを放送。生放送で二人を対面させ当時の交際についてトークバトルさせた。

兼近さんははじめこそ「七股はしてましたね」と豪語しスタジオを沸かせていたが、直後に「ボケですやん! お笑いですやん(笑)」とVTRの内容を否定。

「お付き合いしてる時も他のグループの女の子の家にみんなで遊びに行ったみたいなのはありますけど、正直二股というのはどうなんだろう……」といぶかしい表情を見せ、なんともしっくりこない空気のままコーナーは終了した。

出演した女性も兼近さんの態度に思うところがあったようで、放送直後にYouTubeで動画を公開し、実際に対面してみて兼近さんの二股はなかったのではないかと感じたこと、出演オファーがあった際の説明に疑問を感じていることやVTRの内容が実際とは大きく異なることなどを明かし、兼近さんとの交際には良い印象しか持っていないと断言した。

伝えたいこと(YouTube)
https://youtu.be/caaHto-SIjc

YouTubeの発言一部抜粋

「今日実際にテレビに出てみて、兼近が二股してないみたいなこと言ってて“あっ、きっとしてないんだろうな”って思いました」

「“兼近の悪いエピソードいっぱいください”って言われていっぱい考えてたんですけど、ぶっちゃけ本当に無くって。(中略)私も当時は兼近のことが本当に大好きで、本当に全部がいい思い出で感謝しかないです。兼近にネガティブな感情は一切ないです」

「男性不信になったっていうのもあったと思うんですけど、確かに高校の3年間は私、特定の彼氏とかはできなかったんですけど、男の人が怖いって思ったことは正直ないですし、これは違うと思ったので言わせてもらおうと思いました」

「兼近とつきあったことは本当にいい思い出で感謝してます。ありがとう。今回のせいで兼近が嫌われるってことだけは本当にあってほしくないと思ったので、これだけは動画で言わせてもらいたいなと思いました」

これを受け兼近さんもTwitter上でコーナー制作陣への不信感を吐露(該当ツイートは現在削除)。

「これがテレビか
今日台本見せられた時はもっとレベチでやばたにえんだったけど流石にめちゃめちゃ嫌だと伝えて抑えた結果がこれ!もし言ってなければ社会的に抹殺されていたのかもと思うとゾッとするでござる
向こうの方も控えめに言って可哀想杉田玄白解体新書なのでYouTubeは登録すべし」

SNSなどインターネット上ではこの一連の経緯が拡散され「何が本当なのか?」、「兼近さんもグルではないのか?」とさまざまな疑惑が起こっているわけだ。

兼近さんをフォローしようというハライチさんのツイートに対し、問題を注視していたファンからは

「全部含めての印象操作なのか?って疑心暗鬼になってたのですが、岩井さんが言うなら信じます!」

「やはりそうですよね。。テレビの世界は色々と大変ですね。。岩井さんのフォローとても安心します。」

「やらせと知って、本当にかなしい。。
テレビが大好きなのに、笑顔になりたいのに(涙)
兼近くん応援してます!岩井さんのツイートあったかい。。」

「身近な人からのことばや人柄を表現するアクション すごく心強いです

画面で見えない姿を知ってる方の声
岩井さん ツイート ありがとうです」

など数多くの感謝のコメントが殺到。また当の兼近さんも岩井さんのツイートをリツイートし「サイボーグに、、、心が宿った、、、」と彼なりの感謝のメッセージを送っている。

https://twitter.com/kanechi_monster/status/1166015598586761217

「世界の果てまでイッテQ!」のお祭りねつ造問題など、制作陣によるテレビのねつ造行為はこれまでにもたびたび問題になっている。

【関連記事】松本人志さん、指原莉乃さんら『イッテQ』やらせ疑惑にふれ「大輔かわいそう」
https://getnews.jp/archives/2095761

女性側のYouTube動画を信じるなら、ほとんどすべての責任は制作陣にあると思ってしまうが……そこに参加していただけの兼近さんがイメージを損なってしまうのはなんとも理不尽だ。真相はどこにあるのか、早い解明を期待したい。

※画像はTwitterから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo