ボケとツッコミを入れ替えた結果……  霜降り明星のチャレンジに称賛の声あつまる

ボケ役のせいやさんとツッコミ役の粗品さんの絶妙なかけ合いで「M-1グランプリ2018」のグランプリに輝くなど人気上昇中のお笑いコンビ・霜降り明星

そんな彼らがボケとツッコミを入れ替えて演じた漫才のYouTube動画が話題になっている。

ボケツッコミ入れ替え漫才「豪華客船」【霜降り明星】13/100
https://youtu.be/Av6Ul1q5mmE

今回のチャレンジはYouTube番組「しもふりチューブ」でファンから寄せられた「漫才チャンピオンのお二人はボケツッコミを入れ替えて漫才できますか?」という質問にこたえ披露したもの。

M-1でも披露した人気ネタ「豪華客船」を粗品さんがボケ役、せいやさんがツッコミ役で一本丸々やりきるのだが、これがまた面白い。ところどころテンポは怪しいものの、お互いにそれぞれのクセを過剰にカバーしながら元とは違ったテイストを醸し出しているあたり、やはり実力派。「リアス式海岸」、「タイタニック」などの名フレーズも新しい感覚で楽しむことができる。

この動画は8月18日に公開され、わずか1日で10万回にせまる再生回数を記録。コメント欄にはお笑いファンからの数多のコメントが集まっている。

「いかにせいやのボケと粗品のツッコミが素人じゃ真似出来ないかがわかる動画」

「こうやって考えるとせいやの体力とか諸々すごいw
そんで粗品のツッコミのクセの良さとかリズム感の良さにも気づけるw
お互い小馬鹿にしてる感がホント好きwww」

「めちゃめちゃ面白かったです!!(笑)せいやさんのボケの時に面白いとこと、粗品さんがボケるから笑えるところが違ってふた通り面白い!違うバージョンも見たいな〜〜。(笑)」

「粗品が全力なの手足長いから気持ち悪い。笑
せいやのサイズ感がちょうどええ」

「途中から粗品くんの体力消耗のヤバさに笑いが止まらなかったwww」

なお普段とは反対の役割を演じた二人の感想は「楽やったぁオマエ」(せいやさん)、「ヤバっ……マジでしんどかった。オマエすごいな!」(粗品さん)というものだった。

今回のチャレンジもこれはこれで面白いが、やはり霜降り明星はせいやさんがボケ、粗品さんがツッコミというスタイルが合っているのかもしれない。

※画像は「しもふりチューブ」から引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo