『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』への複雑な思いと映画製作に滾らせる情熱 『スカイライン-奪還-』コリン・ストラウス(プロデューサー)インタビュー

▲宇宙人と戦うフランク・グリロ『スカイライン-奪還-』(C) 2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

映画『スカイライン-征服-』は、謎の生命体による地球征服までの3日間を描いたSFパニック映画だ。2010年に公開された同作は、『アバター』『ジオストーム』などハリウッドのメジャーSF大作でVFXを担当してきた制作会社・ハイドラックスが生み出した野心作。人類が青い光に次々と吸引されていく強烈なオープニングに始まり、ビルに閉じ込められた人々による密室ドラマ、爆死する勇ましい管理人、そして衝撃のエンディングなどの奇抜なアイデアと、最新技術で生み出されたハイクオリティな映像で、世界中で熱狂的な支持を獲得。約20億円の低予算で製作されながら、全世界では約70億円の興行収入を得ている。

そんな前作から約7年を経て、続編『スカイライン-奪還-』が10月13日に公開される。前作で脚本を担当したリアム・オドネル監督がメガホンをとった本作は、フランク・グリロ(『アベンジャーズ』シリーズ、『パージ』シリーズ)、イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン(『ザ・レイド』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)らをキャストに迎え、シリーズをSFバトルアクション映画へと変貌した。人類が地球“奪還”を試みる姿を描く。今回は、前作『スカイライン-征服-』の監督であり、シリーズのプロデューサーであるコリン・ストラウスにインタビューを敢行。盟友であるオドネル監督の魅力から、『スカイライン』シリーズ誕生の経緯、映画製作に滾らせる熱い想いまで、じっくりと語ってもらった。

『-征服-』から『-奪還-』へ 『スカイライン』の変化

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――二作目は一作目より大きな予算で製作されたと聞いています。一作目の成功で、予算を集めやすかった?

予算は間違いなく集めやすかったですね。大きな予算と言っても、規模はまだ小さいですけど。4~500万ドル増えた程度で、2倍や3倍に増えたわけではなく、50%アップしたくらい。一作目が海外で成功して、人々の関心が高まったから、資金を集めるのはさほど苦労しなかったです。二作目の成功も、ある程度は見えていました。

――一作目公開時から、『スカイライン』シリーズは三部作を想定していたと聞いています。企画立ち上げ当初から、二作目のコンセプトも決まっていたのでしょうか?

基本的なアイデアは頭の中にありました。やりたいことや、大まかなコンセプトはすでに考えていたんです。一作目はエイリアンの侵略と人間の敗北を描いています。人間が勝利しないから、面白いエンディングになっているんだと思います。二作目では、人間は彼らに立ち向かいます。三作目もすでに脚本が完成していて、今は出資者などに読んでもらっている段階。エイリアンに攻撃を仕掛けるという内容です。三作品とも、それぞれを異なる哲学、トーン、テーマにしたかったんです。

――二作目では、なぜリアム・オドネル監督がメガホンをとることになったのでしょう?

リアムは脚本家として、ぼくたちと何年も組んできたパートナーです。『スカイライン-奪還-』の制作時は、ぼくはちょうど『カリフォルニア・ダウン』にVFXスーパーバイザー・第二班監督として参加していて、兄(グレッグ)も忙しかった。だから、頭が切れて作品に対して情熱的なリアムに、監督デビューのチャンスを与えるのがベストだと思いました。とにかく彼を信頼していたんです。ぼくたちが一作目で描いたビジョンを、彼は二作目でさらに発展させてくれました。ポスト・プロダクションに入っても、彼はぼくたちの方針を知っているから、うまく物事を進めてくれました。

――なるほど。

インディペンデント映画の世界には、残念ながらSF映画の作り方やポスプロをあまり理解していない監督もいます。(予算規模の小さな)SF映画自体が作られることが少ないからです。でも、リアムは『AVP2 エイリアンVS.プレデター』にも参加していましたし、『スカイラン -征服-』の現場にも毎日いました。CMを作る際も脚本を担当してもらっていたので、彼に監督を任せるのが一番だと判断しました。

『スカイライン-征服-』予告篇(YouTube)
https://youtu.be/joKOptuPf_U

――オドネル監督の、クリエイターとしての魅力を教えてください。

クリエティブの過程は難しいものです。互いを家族のように愛していないといけない。必ず意見の相違が出てくるし、議論も沸き起こります。リアムも兄もぼく自身も、熱い人間ですし。3人のエゴから、1つのアイデアを生み出さないといけない。リアムの好きなところは、アイデアをぶつけ合って熱く議論しても、翌日再び集まって、「あの案とあの案はイマイチだったが、こうすれば3人の意見を反映できる」と話し合えるところです。彼は部屋に閉じこもって、自分だけで作業をするタイプじゃない。共同作業を好む人です。ぼくたち兄弟は、今回も編集やポスプロやアニメーションなどで参加していますが、いいコラボレーションが生まれました。互いに何が好きかを理解しているし、どう補い合うべきか分かっているから上手くいく。これはとても重要なことだと思います。

――フランク・グリロ、イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアンは、どんな経緯でキャスティングされたのでしょうか?

三人のキャスティングは、製作費が膨らんだ最大の要因です(笑)。一作目を作り始めた時は配給会社もついていなくて、ベルリン映画祭で初めて売れました。だから一作目は、誰が観るのか分からないまま作ったものなんです。でも、二作目はそういうわけにはいかなかった。フランクはいいキャスティングだったと思っています。ヒーロー役にピッタリでしたし、SF映画特有のウソっぽさもなく、リアルに演じてくれています。

――イコさんとヤヤンさんはいかがでしょう?

面白いことに、リアムの奥さんはアジア系、ぼくの妻も日本人で、二人ともアジア文化が昔から好きだったんです。そして、『ザ・レイド』も大好き。アメリカのメジャー映画ではないんですけど、出演していた二人を気に入っていたので、本作にもいい影響を与えてくれると思いました。マーシャルアーツを取り入れるのは、リアムのアイデアです。ただ撃ち合うのではなく、ナイフなどを使って、ほかのSF映画と差別化したい、と。確か、イコとヤヤンが候補に挙がってから、彼らの作品を何本も観ていて、『ザ・レイド』の観賞中に「この二人に出演してもらったら?エイリアンと対決させたら面白いよね」という話になったんだと思います。そこからリアムが具体的なアイデアを閃いて、考え、ぼくたちに提案してきました。彼らが出演してくれて本当に良かったと思います。違う役者だったら、別の映画になっていたでしょう。

▲イコ・ウワイス(C) 2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――イコ・ウワイスは『マイル22』やNetflix『Wu Assassins』で頭角を現しています。どう評価していますか? また、ハリウッドではどう評価されていますか?

役者として、すごく好きですよ。出演作はどれも気に入っています。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、もっと大きな役を演じて活躍して欲しかったんですけどね……それだけが残念です。『マイル22』も、いい作品に仕上がると思っています。今ハリウッドでは、アクション俳優が不足しています。そういうタイプの役者はみんなマーベル作品などに出演していて、昔ながらの“アクションスター”がいない。以前は、ジャン=クロード・ヴァン・ダムやドルフ・ラングレン、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、メル・ギブソンがいました。トム・クルーズは今も活躍していますけど。幼い頃にはカッコいい役者が数多くいたのに、今は限られていますね。

――同感です。

マーク・ウォールバーグがその穴を埋めようとしていて、イコも最近は一般的に知られるようになりました。こういう形で、役者のタイプが広がってきたのは嬉しいですね。ハリウッドが様々な人種や国籍を受け入れ始めた証拠です。『マイル22』などをきっかけに、アジアをはじめとした他の国々の役者が注目されるようになり、いい役が彼らに回ってきて、実力を証明できる場が増えたら最高ですね。

VFXのスペシャリストが映画を製作・監督する理由

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――日本の漫画やアニメがお好きだそうですね。『スカイライン』シリーズにもその影響を感じたのですが……これまで、どういった作品をご覧になってきたのでしょう?

コミックよりは、ジェームズ・キャメロンなどの映画から受けた影響のほうが大きいですね。日本のアニメだと、若い頃に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『AKIRA』を観ていました。実は、息子のミドルネームはアキラなんですよ。ぼくは、黒澤明やアニメーションの『AKIRA』のファンなので。子どもの頃は『X-フォース』や『X-MEN』などのアメリカンコミックをずっと読んでいました。日本のマンガにはまったのは、20代の後半だったと思います。最初はロボットデザインの研究のために読み始めました。特に『GHOST IN THE SHELL』で描かれている未来の世界観はすばらしいと思います。

――オドネル監督には『獣兵衛忍風帖』をすすめられたそうですね。同作のような、ダークな雰囲気のアニメがお好きなのでしょうか?

そうですね。『獣兵衛忍風帖』をぼくに勧めてくれた人は、「これは日本アニメ界の『スター・ウォーズ』だ」「日本のアニメについて学びたいなら、これを観るべきだ」と教えてくれました。「『AKIRA』や『GHOST IN THE SHELL』は観ている」と伝えたら、「いや、この作品の無修正版を観ないと!」とも言われました。修正されたものも観たんですが、無修正版は本当に美しくてダークでした。昔からダークなキャラクターや悲惨なエンディングが好きなんです。『獣兵衛忍風帖』の暴力の中には美しさがある。単にグロテスクに見せるのではなく、あの世界の暴力をありのままに描いて、キャラクターを広げているんです。

――ただの暴力ではない、と。

ストーリーテリングには何の効果もないけど、ただグロテスクなものを見せたくて、暴力的に描写している作品もあります。そういうものは、見せびらかしているだけなんですよね。『獣兵衛忍風帖』は、決してそうじゃない。トーンがとにかく好きで、チャンスさえあれば観ている作品です。

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――『スカイライン-征服-』のエンディングも、コミックのようですよね。

一作目は、何となくですが、コミック本っぽい映画を目指していました。観客には気づかれないようにです。『スカイライン-征服-』で試したかったのは、ジャンルの融合です。SF映画ですが、最後はホラーに近い作品とも言えます。『エルム街の悪夢』のフレディは必ず生き残るでしょう? ホラーでは悪人が生き延びて、善人が死ぬ。SF映画はそうじゃなくて、クリーチャーが登場して、問題が起き、人間が原因を突き止める。『インディペンデンス・デイ』では、ウィル・スミスが最後にエイリアンを殺して、人類が勝利を収めます。でも、ぼくたちは様々なジャンルをあえて混ぜ合わせたかった。その一つの要素が、コミックなんです。とにかくユニークな作品にしたくて、エンディングでも複数のジャンルの融合であることを示したかった。「これはただのSF映画ではない」とね。

――なるほど。

最後は「主人公が脳みそを奪われる」という悲しい結末を迎えますが、物語はそこでは終わらない。一作目は、いわゆる前編のようなものなんです。だから、静止画のシーンで流すために、ブライアン・タイラーにヘビメタ風のロックソングを書いてもらいました。観客を驚かせたかったし、落ち込んだ気分のまま劇場をあとにして欲しくなかったんです。人類はコテンパンにやられたけど、(脳みそを奪われた)主人公が次回作で何かしてくれる、という期待を持たせたかった。一見悲しいエンディングだけど、気分を上げて終わらせたかったんです。確かに妙な演出で、好きな人もいれば嫌いな人もいる。でも、ぼく自身は、変わっていて、予想不可能なところが気に入っています。

――子どものころから、映画製作に携わろうと思っていらっしゃったのですか?

そうですね。幼い頃から映画に関わりたいという夢は抱いてました。IBMに勤めていた父親の影響もあって、ぼくは子どもの頃からオタクでした。ただ、当時はオタクであることはカッコいいことではなくて、どちらかと言うとダサいことでした。ぼくは、幼い頃からコンピューター技術に魅せられて、小学校6年生の頃には自分でプログラミングしてビデオゲームを作っていたし、高校に入学する頃には3Dアートを作成していました。だから、デジタルアートやコンピューターは詳しかったんです。でも、『ジュラシック・パーク』と『ターミネーター2』を観て、人生が変わりました。「VFXは、今後すべての映画にも使われるだろう」と感じたんです。あんなカッコいいものは見たことがなかった。「これぞ未来だ!」と思って、母親を劇場にも連れて行きました。それを機に、(ロサンゼルス・ハリウッドのある)カリフォルニアに移ろうと決めたんです。それ以前に影響を受けたのは、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画。『インディ・ジョーンズ』に『スター・ウォーズ』……特に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ですね。兄と最初に観たR指定の映画は『エイリアン』で、ホテルの部屋でペイパービューで観たのを覚えています。観た瞬間、ぶっ飛びましたよ。『マスク』などのILMが手がけた初期の作品も大好きで、そういう映画にどうにかして参加したかったんです。

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――なぜ、本作や『テイク・シェルター』、『ザ・ベイ』のようなインディペンデントな映画の製作に積極的に参加されるのでしょうか?

主な理由は“自由”です。映画を制作するのは本当に大変なことです。どんな映画でもそうですけど(笑)。こんなジョークがあります。「出来の悪い映画を作るのはほぼ不可能。いい映画を作るのはそれ以上に大変」。特に、大手スタジオの制作プロセスは、とにかく苦労が多い。『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』は色々なことが複雑で、ぼくたちの希望どおりの脚本にはならなかったし、自分たちが思い描いていたような映画を作れなかった。製作費も4000万ドル(約40億円)あったのに、それでも毎日セットでお金が足りなくて悩んでいました。その頃には、すでに兄と経営している制作会社(ハイドラックス)でCMやPVを作っていたので、予算管理については分かっていたんです。だから、なおさら『AVP2』の現場では苛立ちが募っていきました。何が原因なのか理解できなかった。そこで、もっと効率的な方法で映画を作れるのか試すつもりで作ったのが、『スカイライン -征服-』です。

――なるほど。

いわば実験のようなもので、配給のことを考えずに、とにかく作り始めた作品なんです。誰にも観てもらえず、オフィスの棚に眠ることになったとしても、ぼくたちは気にしなかったと思います。それくらい、何が何でも作りたかった。自己満足の作品になっても構わなかったんです。だから、劇場公開されて、海外で成功したことに驚いています。自分たちのやったことが正しいと証明されてよかった。VFXの会社を経営している監督なんて、世の中にほとんどいないですよね。ポスプロが分かっていて、特殊効果を理解している監督は少ない。

――多くはないですね。

ぼくたちは、ありとあらゆる機材を自ら購入しました。カメラ、照明、レンズ、けん引トラック、クレーン、すべてです。すべて自分たちのものだから、誰にも指図を受けずに済みました。ぼくたちは、自分たちの作品を“所有”することができたんです。他の人とは違うことをしたかったし、映画を作る全プロセスを理解したかった。メジャースタジオの映画と比べて、自由があるのは本当に素晴らしいことです。毎日が闘いで、仕事量は多いですけどね。メジャースタジオなら小切手を切って終わりですけど、インディペンデント映画の場合は、予算の会議をしたり、交渉したり、苦労は絶えません。でも、ぼくたちにとっては、まるで巨大なパズルのようなものなので、楽しみながらやっています。

『スカイライン-奪還-』は10月13日(土)より、新宿バルト9他全国ロードショー。

構成・文=藤本洋輔

『スカイライン-奪還-』予告篇(YouTube)
https://youtu.be/nyWf5fJKiq8

『スカイライン-奪還-』
(2017年/シネスコ/ドルビーデジタル 5.1ch/106分)
原題:Beyond Skyline
監督:リアム・オドネル 『スカイライン-征服-』(脚本)
出演:フランク・グリロ ボヤナ・ノヴァコヴィッチ ジョニー・ウエストン イコ・ウワイス ヤヤン・ルヒアン
VFXスタジオ:ハイドラックス 『アバター』『ジオストーム』
配給:REGENTS/ハピネット
レーティング:R15
公式サイト:https://skyline-dakkan.jp/
(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

大阪生まれ京都育ち。映画館→アニメ映画制作会社→レンタルビデオショップ→WEB編集・ライター。アクション映画が専門分野。趣味はボルダリングとパルクール(休止中)。TRASH-UP!!( http://www.trash-up.com/ )などで主にアクション作品を紹介しています。ほか、SPICE( http://spice.eplus.jp/spicers/45/articles )でも。 執筆・などのご依頼は [email protected]

ウェブサイト: https://goo.gl/Apqatq https://goo.gl/dmUvAA

Twitter: @fujimonpro