漫画『大家さんと僕』の大家さんが逝去 カラテカ矢部さんの発表にお悔やみのコメント多数

8月23日、お笑いコンビ『カラテカ』のメンバーで人気エッセイ漫画『大家さんと僕』(新潮社)の作者でもある矢部太郎さんが自らのTwitter上で”大家さん”が亡くなったことを公表した。

『大家さんと僕』の読者のみなさまへ

『大家さんと僕』というマンガのすべてであった大家さんがお亡くなりになりました。

もっと話したかったし、聞きたいこともたくさんありました。

お見送りをしたいまは大家さんと過ごした日々を思い出しながら、ただただご冥福をお祈りするばかりです。

大家さんは8月が一番好きだと言っていました。理由は戦争の番組をたくさんやってくれるから。そして、大切な人達は戦争に取られたくないともおっしゃっていました。
僕にとっても8月は特別な月になりました。

最後に、本来なら公にする必要のない一般の方である「大家さん」の訃報を、僕の都合でこうして公表することをご理解下さったご親族のみなさまに、感謝いたします。

矢部太郎

『大家さんと僕』は矢部さんが入居するアパートの大家さんとの実際のふれあいを描いた作品で、温かいタッチとユーモア性が話題を呼び2018年には第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞している。

突然の訃報に際し、三倉茉奈さんや小川菜摘さんなどの有名人をはじめ、作品のファンからも数多くのコメントが寄せられている。

「矢部さんと出会えて、大家さんはきっと幸せだったんじゃないかと思います。漫画から溢れ出る大家さんの人柄や言葉、想い、これからも大切にしたいです。 大家さんのご冥福をお祈り致します。」
https://twitter.com/ma__anan/status/1032634951991062528

「大家さん、きっとこれからもずっと矢部君を見守ってくださいますよ。矢部君と過ごした日々、大家さんにとっても宝物だったでしょうね。御冥福を心よりお祈り致します。」
https://twitter.com/551bbb/status/1032752650297589760

「この本読みました。とても良かったです。大家さん優しくて面白いしきっと苦労もしたんだなって感じました。でも御高齢なので大丈夫かな続編とかあると良いなと思ってました。 ご冥福をお祈り致します。」

「まだまだ大家さんのおはなしを楽しみにしておりましたのに、とても残念です。 最後に、8月が一番好きと言ったその理由をお聞きできて良かったです。 きっと大家さんは、戦争にとられた大切な人たちのことをいつも思っておられたんですね。」

矢部さんの作品を通して、現代人が遠い昔に置き忘れてきてしまったであろう美徳と優しさを伝えてくれた大家さん。

亡くなったことは大変残念だが、ぜひ天国でも幸せに暮らしていただきたいものだ。

矢部太郎『大家さんと僕』
https://youtu.be/sjFATnnbaOM

※画像は『Twitter』、『新潮社』から引用しました
https://twitter.com/tarouyabe

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲にインスパイアされた音楽性や世界観で独自の地位を築いている。代表曲に「雨にうたれて」(2017年)。プロデュース、楽曲提供多数。 近年は音楽評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo