しょうぶどき“いずれアヤメでカキツバタ”

  by m@ki  Tags :  

端午の節句、男の子の節句ですね。
いつの時代も オトコは勝負!
今晩は 季節の変わり目の薬湯としても 理に適っているショウブ=菖蒲湯に是非 浸かられてください。
さて 数人の何れ劣らぬ美女を前にした際も オトコの勝負ドキです♪
「いずれ あやめで かきつばた」
その様な場面に出くわした シアワセな殿方は 是非お洒落に使われてみてください。…コレに今日の主役の菖蒲ショウブをいれてみましょう。


写真、見分けが つきますでしょうか?

実は あやめとしょうぶ、どちらも漢字で書くと「菖蒲」なんですよね。ワタクシも以前 植物園で教わり へぇーー⁉︎と 大リアクションをしました。
これにまた こういった植物園に咲いている花菖蒲(ハナショウブ)も別物。菖蒲が成長して花が咲いて ハナショウブではない訳です。
だから…アヤメ ショウブ 杜若カキツバタ ハナショウブ。
…もう4つ巴で ぐっちゃぐちゃ。混乱でしょ?笑
植物学的にはすべてアヤメ科アヤメ属。似て当然ですね。

名前の由来や 畑や水辺と咲いてる場所なんか 見分けのヒントもあるのですが 、、
花弁の元の部分を見ると一目瞭然だそうです。
『花菖蒲が黄色の目型模様、あやめが網目模様、杜若が白の目型模様になっている』という…

いいお天気です。植物観察の散策もなかなか乙。
福岡市動植物園では今日は555人の子供たちにプレゼントがあるそうです♪
ちなみに昨日のみどりの日が無料開園日

此方では主に歳時記を 気ままに つれづれ赴くまま よろしければ おつきあいくださいませ…

Facebook: maki.mori.370