業務委託契約書(寄稿ネタ探し)

2018.08.24 17:01by   category :   Tags :  

以下の空欄を埋めてください

業務委託者情報

【1】連載.jp上のユーザー名(必須)

 

※この欄が空白で表示された場合、あなたはログインしていない状態でこのページを見ています。ログインしていない状態でこのフォームから送信ボタンをクリックしても送信できませんので、まずはこちらからログインしてから、再度このページを開いてみてください。

【2】氏名 (本名、必須)

【3】住所 (必須)

【4】ハンドル名・ペンネーム

【5】メールアドレス (必須)

【6】対価
業務委託契約書の第3条に基づく。

【6】契約締結日
ページ下部の送信ボタンをクリックし契約者本人と有限会社未来検索ブラジルにメールが発信された日を契約締結日とします。メールは送信ボタンクリック後ただちに送信されます。

【7】業務委託料振込先
業務委託料振込先に関する情報です。
 1)金融機関名:
 2)支店名:
 3) 支店番号(3桁):
 4)口座名義人名:
  口座名義人名カタカナ:
 5)口座種別 :
 6)口座番号 :

以下の契約内容に同意する場合は、ページ最下部にある「業務委託契約書の内容に同意し契約します」と書いた送信ボタンをクリックしてください。

業務委託契約書

甲:業務委託者情報【2】氏名
  業務委託者情報【3】住所
乙:有限会社未来検索ブラジル
  東京都千代田区外神田3−16−12
  代表取締役 竹中直純

甲と乙とは、次の通り業務委託契約を締結する。

第1条(委託業務の内容)
1. 乙は以下の業務を甲に委託し、甲はこれを受託する。
業務内容(1)ガジェット通信編集業務(寄稿ネタ探し)
    (2)(1)に付随するその他の業務(原稿作成の補助業務など)
2. 乙は、本件業務の遂行に際し必要があるときは、甲に対し、本件業務の進捗状況などについて報告を求めることができる。

第2条(善管注意義務)
 甲は、本件業務を乙の指示に従い善良な管理者の注意をもって行うものとする。

第3条(業務の委託料等)
1. 乙は甲に対し契約書第1条1項(1)の業務委託料として、以下の金額を支払うものとし、原則20日までに作業報告ツールにて報告があったものに対して検収の上、当月末に甲が指定する口座に振り込むものとする。
1日一時間:1,000円(消費税込)
2. 前項の他、第1条1項(2)の業務を委託する場合は甲乙協議の上、取り決めた額を支給する。
3. 経費を要する場合、乙の経費精算規定に準ずるものとする。

第4条(業務の実施)
 甲は、自らの責に帰さない事由又は正当な事由により、本契約上の業務の遂行を合意された期間中に完了できないことが判明した場合、直ちに乙にその事由を付して通知し、乙の指示に従わなければならない。また、甲は、正当な事由なく乙の承認を受けずに本契約上の業務を中止することはできない。

第5条(秘密保持)
 甲及び乙が委託業務を実施するに当たり知り得た相手方の業務に関する秘密事項は、この契約の有効期限内はもちろん、契約期間終了後も第三者に漏らしてはならない。甲または乙がこれに違反したことにより相手方が損害を被った場合には、相手方に対し全損害を賠償しなければならない。

第6条 (著作権の帰属)
 本件委託業務に係わる著作権は、乙に帰属するものとする。ただし、甲が従前から有していた既存の著作権を利用しているものについては、甲に帰属するものとし、甲は乙に対し無償で利用を許諾するものとする。

第7条 (第三者の権利侵害)
 甲は、本件業務の遂行過程において乙に提供する業務関連資料が第三者の著作権、肖像権、特許権、及びその他一切の権利を侵害していないことを保証する。

第8条 (契約解除)
 甲および乙は、本契約の条項いずれかに違反しまたは本契約を履行する見込みがないと認められるときは、何ら催告を要せず即時に本契約の全部または一部を解除することができる。

第9条 (契約期間)
 本契約の有効期間は、締結後一ヶ月間とし、双方からの申し立てがない限り自動更新とする。

第10条 (管轄裁判所)
 甲および乙は、本契約に関する紛争については東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。

以上

業務委託契約書の内容に同意し契約を結ぶ場合は下のボタンをクリックしてください

「あなたのメッセージは送信されました」と表示されれば、送信成功です。そのままページを閉じて、しばらく待った後、メールが届いているか確認をお願いします。