赤ちゃんとお手手でおしゃべり!子育てに役立つベビーサインを専門家が簡単解説

「まだことばを話せないから、コミュニケーションを楽しめない」「赤ちゃんが何を思っているのか分からない」こんな気持ちになったことのあるママはいませんか?そんな方にぴったりなのがベビーサインです。

ベビーサインについて、スタジオアリス主催の『お家で学ぼう!オンラインセミナー』にお伺いし、その様子をレポート!今回のセミナーはスタジオアリスが取り組んでいる、赤ちゃんと赤ちゃんを育てるママとそのご家族を応援する「ママのミカタPROJECT」の一環で開催されました。

ベビーサインとは

講師として登場したのは、日本ベビーサイン協会認定講師のふなみあやさん。ベビーサインとは、まだうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってお話しする育児法です。1990年代にアメリカで始まり、日本にも2000年以降たくさんのママやパパが実践しています。

ベビーサインは、赤ちゃんが最初からする仕草をママとパパが読み取るものではなく、赤ちゃんに教えて学んでいってもらうもの。赤ちゃんも自分の気持ちをママとパパに分かってもらえることで、コミュニケーションが大好きになるそうです。

「ママとパパにに伝わった」という、赤ちゃんの嬉しい気持ちを共有し、一緒に喜べるのは素敵ですね!

 

覚えやすいベビーサイン

①おっぱい
片手をゆっくりグー・パーします。おっぱいを飲ませるときにこのサインをしながら赤ちゃんに話しかけます。

②もっと
指先を軽くすぼめた両手をふれあわせます。離乳食を食べるときに、「もっと食べる?」と聞きながらサインを見せると覚えてもらいやすいようです。

③おしまい
両手を胸の前であわせます。食事が終わったときなど、このサインで切り上げます。

 

ベビーサインのメリット

赤ちゃんと意思疎通ができたら良いことだらけですね!先生によると、ベビーサインによって言葉が遅れるということもないそうです。

 

セミナーでは他にも、スタジオアリスによる子供の記念日(お祝い行事)の紹介や花王による赤ちゃんのおむつ選び、スキンケア講座が行われました。

「ママのミカタPROJECT」では今後もママやパパの役に立つ無料セミナーを随時開催予定とのこと。セミナー参加者には、子育てママに嬉しい、プロジェクト賛同企業のグッズが入ったママのミカタバッグがプレゼントされるようです。

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください!
https://www.studio-alice.co.jp/mamano-mikata/

 

 

旅行、美容、ライフスタイル、エンタメ、ガジェットまで幅広く書きます。美味しいご飯と可愛い女の子が好き。記事アップは不定期です。何かあれば問い合わせフォームまで ☞ https://forms.gle/VjZwqXrToEsJRjbs5