あなたは大丈夫?コピー商品の実態

  by himazin  Tags :  

このようなメッセージが届いたことは皆さんあるだろうか。

URL等が記載されていた為、モザイク処理をさせて頂いている。
尚、HTMLをそのまま送るというとてもお粗末なメッセージです。
では、このメッセージに記載されていたURLのサイトに行ってみました。
その結果このようなサイトにたどり着いてしまった。

サイトには「完璧なコピー品」と記載されていた為、明らかに偽物であることは誰でも理解できると思います。
では、このサイトの商品はどこで製造されているのでしょうか。
このサイトを運営している企業は香港に所在地を置いていると記載されていました。
コピー品を販売されていた企業の複数に取材を行いました。
いずれの企業も把握しておらず、無断での販売であることが再度明らかになった。
コピー品を販売された企業だけでなく警視庁サイバー犯罪対策課にも情報提供したが、海外サーバーである為、実質的な措置は不可能との回答だった。

皆様の元にコピー品を売っているサイトのURLが来てもサイトに飛ばず、購入しないようにしましょう。
個人情報が抜かれる可能性がある以外にも、危険な事件に遭遇する可能性もあります。
騙されない為にも、日頃から注意をしておく事が必要ではないだろうか。

今回、送られてきたサイトに記載されていた企業数社に情報提供させて頂いております。
また、警視庁サイバー犯罪対策課や特許庁にも情報提供をしております。
被害が今後、増加しない事を期待しております。

~被害に遭ったら~
国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
~メールやサイトを見つけたら~
経済産業省 特許庁 政府模倣品・海賊版対策総合窓口(経済産業省 特許庁)
https://www.jpo.go.jp/support/ipr/index.html
サイバー犯罪対策課(警察庁)
https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

himazin

学校問題や社会問題を主に記事を執筆しています。