心のIPO

  by tamuzo  Tags :  

(写真素材:足成)

 tamuzoです。悟りとはなんでしょうか。それは一言で言って「心のIPO(新規株式公開)」です。
 通常の会社の場合、IPOをすれば創業社長は株を売って億万長者になれます。
 そうなると、物質的なものに対する制約はなくなるので、人は幸せになることが出来るのかもしれません。
 しかし、私の知る限りでは、必ずしも全ての創業社長が幸せになっているというわけではないようです。
 IPOをして創業者利益を手にしても逮捕されてしまったホリエモン。
 他に誰とは言いませんが、IPOで得た収益を全てFXにつぎ込んで破産しそうになってしまった人。
 やはり自分の器なりの報酬でないと、ただお金を稼いだだけでは人は幸せにはなれないと思います。
 悟りというのは、IPOの「心バージョン」です。
 心に対する制約というものが外れ、そこには全肯定の世界が待っています。
 株と似ているのは、悟りにも株価があるということなんです。
 公開直後、つまり悟った直後は爆上げでも、そのまま修行をおろそかにしていれば株価は下がってしまいます。
 そして上がったり、下がったりしながら、日々精進をする悟後の修行が待っています。
 全てを肯定するということは、日常生活のレベルではなかなか完全にこなすことは出来ません。
 そんな時には「今受けている苦しみより、与えられている恵みの方が遥かに多い」ということに気付くことが肝要です。
 水、空気、太陽、家族、友人、全て無償の愛です。
 それでも無理な時は「今受けている苦しみは、与えられている恵みより半分以上多くはない」と唱えるのです。
 つまり過半数は感謝出来る出来事で生活が埋まっているのであれば、それは全肯定すべき人生ということです。
 このようなテクニックを使って、私も日々「心の株価」を調整しています。

tamuzo

坐禅歴二十余年。お坊さんではありません。