民間初の宇宙観測ロケット MOMO3号機開発支援クラウドファンディング始動!!

インターステラテクノロジズ株式会社

北海道・大樹町を拠点に、ロケット開発事業を行うインターステラテクノロジズ株式会社(代表取締役 稲川貴大)は、宇宙観測ロケット「MOMO3号機」打上げ実験を行うためのクラウドファンディングプロジェクトを8月11日(土)10時よりスタートした。

今回のプロジェクト『続ける。宇宙への挑戦。みんなの力でMOMO3号機を飛ばそう!』は、現在開発中の MOMO3号機打上げ実験を行うための、機体製造費・実験費などコストの一部を支援するためのクラウドファンディングで、リターンには、6月30日の打上げで惜しくも落下、炎上してしまったMOMO2号機の機体破片や部品、尾翼などのほか、MOMO3号機の発射ボタンを押す権利が含まれるコースもあり、ユニークなものとなっている。

インターステラテクノロジズ株式会社

IST社は、プロジェクトの一番大きな目的として「皆様に『自分のロケットが宇宙に行ったんだ!』という実感を持った体験をしていただくこと」とうたっており、そのために、MOMO3号機は高度100kmに到達する民間初の宇宙観測ロケットを目指すそうだ。

打上げ時期は現在のところ未定だが、プロジェクトの支援者には打上げ前からいち早く情報共有されるとのこと。

民間企業単独で宇宙観測ロケットの開発と実験を続け、その先には地球周回軌道への小型衛星を打ち上げるロケット開発を目指すインターステラテクノロジズの挑戦を応援しよう!!

クラウドファンディングの詳細は

◆こちらから。

成田ケン(マーヴェリック)

出版編集プロダクション法人所属のカメライター・キュレーター。 この道23年。