NYを守るカメさん『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影』

  by Yukie Shibasaki  Tags :  

TEENAGE MUTANT NINJA TURTLES:OUT OF THE SHADOWS」を観てきた。 前作同様笑えて泣けて、アクションシーンもバッチリなエンターテイメント作であった。

タートルズの4人の個性がより示されていたのが良かったと思う。 おかげでようやく4人の名前を憶えられた。
ジェット機から飛び降りたり、滝を流れ落ちたり、人間にはムリ!なアクションシーンが楽しかった。
レオナルドの声をあのジョニー・ノックスビルが担当してるそうなので、よーく聞き入ってしまった。(笑)
ラストの、タートルズが警察からNYの鍵をもらうシーンで泣いてしまった。

前作と比べるとミーガン・フォックス(エイプリル役)とウィル・アーネット(ヴァーノン役)の出番が少なかった気がする。
代わりに目立っていたのはスティーヴン・アメル(ケイシー・ジョーンズ役)。 スティーヴンはイケメンでマッチョで陽性な、正にマイケル・ベイ好みの男だな、と思った。(笑)

と、ここで《 トランスフォーマー関連ネタ3個 》
①スティーヴン・アメルと「トランスフォーマー/ロストエイジ」のシェーン役・ジャック・レイナーは少し似ている気がする。
②ハロウィンパレードのシーンで、バンブルビーに仮装した人がいた。(笑)
③本作の音楽がもろにトランスフォーマーだった。 ・・・そりゃ、スティーブ・ジャブロンスキーだからな。 音楽だけじゃなく、映像もトランスフォーマーっぽいトコが多々あった。 ・・・だってマイケル・ベイがプロデューサーだもん!!

娯楽作なんだけど、必ず感動するトコを入れてあるのがこのシリーズの特徴。 今回は“タートルズの分裂!?→団結”を盛り込んでいて、脚本が良く書かれてるなー、さすがと思った。

次作で完結してしまうのかが気になるが、楽しみに待っていよう。

Yukie Shibasaki

「洋楽・洋画・天体観測が好き。」 ここではいろいろなジャンルの記事を書いていこうと思っています。日記ブログも良かったら見て下さい。 http://fanblogs.jp/yukicorn/