政府がgoogleに対抗する戦略を始める!googleの独占を防ぐ事は可能?LINEの独占は?

  by ニョッキー  Tags :  

画:ニョッキー

政府が米googleに対抗する戦略づくりを始めている、とのニュースがありました。

[リンク]政府が対グーグル戦略策定へ…市場独占に歯止め: 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150225-OYT1T50000.html

記事によると、

1:グーグルに対抗しうる企業の育成・支援に向けた取り組み
2:グーグルによる市場独占を防ぐための法規制のあり方
3:ICTサービスの利用履歴などの個人情報保護に向けた方策

というものをテーマにしているそうです。
また、記事には

グーグルは、世界の検索エンジンの市場占有率(シェア)が60%、スマートフォンの基本ソフトウェア(OS)のシェアは78%に上る

とあります。
これは特に「2:グーグルによる市場独占を防ぐための法規制のあり方」についてなのですが、検索についてはGoogleが独占状態です。
ご存知ない方に説明しておきますと、Yahoo!の検索はGoogleのものを使用しており、実質Googleの検索をしていると言えます。

個人的に考える問題点を挙げますと

●Googleの広告について
昔のGoogleはほぼ検索だけでシンプルでした。私などはYahoo!が非常に広告などを掲載していたので、それを嫌ってあえてGoogleで検索するようにしていました。それが現在では、サービスだけでは無く検索結果なども広告ばかりに。という事は多くの企業などがGoogleを頼りにしている状況です。
そのような状況で、Googleのシェアを減らすような対策ができるのでしょうか?

●「LINE」 の優遇
「Googleが独占すること」よりも、独占した上で一部のサイト(企業)を優先的に上位に表示しているほうが問題です。
現在、LINE株式会社のサービスである「livedoor Blog」や「NAVERまとめ」がGoogleの検索結果で明らかに優遇され、上位を独占しています。
もはや、SEOのテクニックを度外視しているとも言って良い状況です。
これについて、サイト運営者やSEO担当者は非常に憤りを感じていますし、実際に影響を受けています。

政府は、この問題についてはどのように考えているのでしょうか?

■参考資料
[リンク]SEO(対策)まとめ
http://blog.livedoor.jp/kojimaharunaurawa/
[リンク]あくびネット」公式ブログ
[リンク]あくび光公式ブログ
[リンク]あくび光
[リンク]あくび光
[リンク]あくびネット
[リンク]あくびネット
[リンク]遠山和久のブログ
[リンク]「遠山和久」

SEOコンサルタント/お笑い芸人/調理師 著書:「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本」(技術評論社)、「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化」(秀和システム)など。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/arzentin/

Twitter: snyokky

Facebook: 100000461799159