★恋するパワースポット★【世界遺産】サグラダ・ファミリアは、私は「生きている」と思う

  by 苺子  Tags :  

旅することが多くなると、単に肉体的に移動するものではなく、旅って”心の旅”ではないかと思うようになりました。
特にそう感じたのが2年前のスペイン。

私はほんとにガウディの何たるかも知らずに行ってしまったので、その衝撃ったら!!

何も知らずにフラッと現地へ行ってしまって、中に入るのにも、塔に上がるのにも並んだり予約が必要だったと知りました。
↑のん気すぎる(泣) 

スペイン、バルセロナは地下鉄が便利です。
友だちと2人で移動するので、T-10(10回乗れる)回数券カードを自販機で買いました。
買い方はなんとかわかったものの、これで改札を通る方法がわからなくって、現地の女の子に身振り手振りで教えてもらいましたよ^^;
一人が通って、出てきたカードをシェアする人に渡すのです。
単純だけど、ちょっと慎重に慎重を重ねる日本では考えられないシステムだ・・・。

Sagrada Familia駅です。
すいません、ついこの間まで私ったら『桜田ファミリア』かと(;´Д`)ノどんだけ無知!
そして駅の出口、階段上がるともうそこは

「さぐらだふぁみりあ゛!」(東北弁っぽい)

すでに裏側! びっくり!! 近っ!!!
入場は裏側からですが、列ができてて入れないので、見るだけにしてぐるっと回って。

こちらが正面、東側の『生誕のファザード』。
カタルーニャ語で正式には「Temple Expiatori de la Sagrada Família」と言うそう。
170mにも及ぶ未完のカトリックのバシリカ(教会堂)です。
未完であるから日々増殖、いや日々成長・・・・・・なんといえばいいのか、完成に近づいているらしい。
なんでしょうねぇ~使徒が出てきそうですね!
着工は1882年。なんとガウディったら、細かい設計図を作ってなかったようです。

そりゃパーツ増えてくよ(汗)!!

門の辺りを見てみると、普遍たるものの象徴としての亀の彫刻や受胎告知、キリスト降臨、天使など、そういった教会らしい彫刻に混ざって、赤ん坊を大量虐殺する6本指の足のローマ兵など”負のメッセージ部分”も見つけることができます。
なぜわざわざ6本指にしたんだろうかと憶測するに、「人でなし」という意味ではないかなぁと・・・
なんとも深い、深~い・・・人間の業に迫る気持ちに見ているだけでなってしまうのです。
とにかく彫刻が細部にいたるまで、細かい。
こだわりがこめられ、細かいがゆえにこれだけ集まると、やはり「きれい」とか「素晴らしい」とかいうよりも、ただただ「すごい」とギョッとしてしまいます。

そして裏(入場門側ではあるけれど)に回ってみました。
突然あたりの空気がひにゃり10℃冷え込んでしまう、西側の『受難のファザード』が見えてきます。
そこには最後の晩餐からキリストの磔刑にいたるまでがストーリーとなって、なぜか生誕とは違う表現手法で施されていました。
鋭利なカッティングに迫力が迫ってきますね。
モダンアートと評されますが、もう私は見ていて怖くてしょうがなかったです・・・。
ブルブルしてしまって後で見たら写真を撮ってなかったくらいに。

―――― そしてまた別の日に、早めに来て並んで入場しました。
そうしたら、内部のほうがもっともっと       

カオスでした・・・・・(´;ω;`)´;ω;`)´;ω;`)ブワァァァ!!!!

本当はどこかしこに、秘密めいた暗号のメッセージが隠されていて?
なにかしら真実は伏せられて、今もそれは解明されていないとか―――。

「JESUS!」
ありうる・・・
無神論・無宗派な私でもなにか見えない力がここに立つと、働いているような気がしてしまう。
世界遺産の一つの建造物と思いやってきた一つのスポットが、時を超えた妄想の扉だったことを私は知ります。
天才建築家ガウディが終生をかけて産み落とした異端の教会には、聖なる部分にとどまらない人間の闇や欲も塗り込まれているように外の世界から来た私には見えました。
作り足されていく姿はまるでバシリカが完璧なる人間を夢見て成長していくかのよう。
そして感じたのです。
未完成だからこそ、皆が魅了され、ここへ来てしまうのではないかと。
精神の旅をするべく、この扉を開けにくるのではないかと。

私はサグラダ・ファミリアは「生きている」と思う。
止まってはいない、加速して 増殖して 変化している。
だからどうしても首をひねってしまうのです。
――――― 本当に完成なんてするのだろうか?と。

サグラダ・ファミリア
スペイン政府観光局(日本)

Calle Mallorca 401
08013 Barcelona (Barcelona)
http://www.sagradafamilia.org
Tel.:+34 935132060

温泉ソムリエ、カメラ女子。主婦でありながら背中に羽が生えた堕天使。 大食い。激太りしたため水の中で浮いてしまう体の持ち主。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/tomocodocomo/

Twitter: tomocodocomo

Facebook: Ichiko Senno