尿酸オキシダーゼの欠落するヒト科ヒトに、痛風発症に関わる5つの遺伝子発見!

  by なみたかし  Tags :  

謎の多い痛風に遺伝子要因

 痛風とはもう25年以上のつきあいになる。必ずしも恒常的な高尿酸血症患者がすべて痛風発作を起こすわけではなく、そのメカニズムは解明しきれていない。

 ヒトや他の霊長類の多くでは、尿酸はプリン代謝の酸化最終生成物である。その他のほとんどの哺乳動物では、尿酸オキシダーゼ(EC 1.7.3.3)によって尿酸はさらに無害なアラントインまで酸化されるが、ヒト科では欠落している。

 激痛のもとになる尿酸は、プリン体といわれる物質が原料で、食品にプリン体が含まれており、飲酒や食べ過ぎによって体内のプリン体が増えたり、体内の筋肉などの細胞が分解されることで、細胞の核酸に含まれるプリン体が増えることが原因とされている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用 asahi.com: 痛風予備軍の主因は遺伝子? サイエンスポータル: 痛風の発症にかかわる5つの遺伝子

痛風はビールを飲みながらでも治る! 改訂版 (小学館文庫)
クリエーター情報なし
小学館
名医の図解 痛風を治す生活読本 (名医の図解-Home Doctor-)
クリエーター情報なし
主婦と生活社

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami