彼氏が作る愛妻弁当【1】

  by yoshikovich  Tags :  

左はお弁当箱。
右はタンブラー。

毎朝、私の彼氏(通称:ユモニ)が用意してくれる2点セット。

料理が趣味である彼、
冷凍食品は使いません。
忙しくて作れない日もあるけれど
寒い日も、眠い日も
せっせと台所でお弁当をこさえてくれるのです。

そんな彼の“作品”をせっかくなのでご紹介することにしました。
第一回目の本日はこんな感じです。

http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=8007909148.jpg

左はごはんの段。
お弁当にお漬け物は必須なのですが
だいたいキムチです。
ごはんは私の希望で麦と黒米が入っています。

右はおかずの段。
黄色いカップに入ったコレ、なんだかわかりますか?
さつまいものジャーマンポテトです。
私はさつまいもが大好き!
しょっぱい×甘いの見事なマリアージュ。
ブラックペッパーと
シャキッとしたタマネギがアクセントになっています。
一緒にこの段に入っているのは紅鮭。

食べるたびに「これウマッ!」と唸る私。
本当に幸せです。

ところでどうして『ゆもに』なのかというと
彼の名前が『ユウタ』であり
彼が韓国料理が好きで
韓国ではお母さんのことを『オモニ』と呼ぶことから
ふたつを合わせて『ユモニ』と呼ぶようになりました。

そんなユモニが作るお弁当を
これからどんどんご紹介していきます。
どうぞお楽しみに!

神奈川県に生息する、岐阜県産の無所属ライター。レディースアパレルのバイヤー、コピーライター、ライター、イラストレーター、webサイトディレクターを経て、2013年よりフリーランス化。サバイバルゲームをたしなみ、ヨガスタジオへ通い、ポールダンスに挑戦し始め、ボクシングジムに通いだし、仕事する時間が無いことに気づき、焦る。

ウェブサイト: https://twitter.com/writer_Yoshiko

Twitter: @writer_Yoshiko

Facebook: Yoshiko Oshima