コウモリは仲間の食事の音を盗み聞きしていた!“白い鼻症候群”のその後

  by なみたかし  Tags :  

コウモリ社会の近況

 コウモリというとエコロケーションという方法で餌を取ることが知られている。エコロケーションは、人の耳では聞き取れない超音波を周囲にぶつけて、反射する音波を聞いて、周りの状況を知る方法である。

 コウモリはこの方法で、1日に3000匹もの虫を捕らえ食料としている。コウモリの場合、エコロケーションを仲間とのコミュニケーションに使うことはしない。だが、他の固体が発した超音波をよく聞いていて、そこに餌があることを察知しているということが分かった。

 一方、2006年にニューヨーク州で初めて確認された「白い鼻症候群」という、コウモリにカビが生える病気。この病気で2012年には推定570~670万匹のコウモリが死滅したと、米魚類野生生物局(U.S. Fish and Wildlife Service)が発表した。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 National Geographic news: コウモリは仲間の声をを盗み聞きしていた コウモリを体内から燃やし尽くす致死性のカビ

原生林のコウモリ 改訂版
クリエーター情報なし
垂井日之出印刷所 出版事業部
コウモリの謎: 哺乳類が空を飛んだ理由
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami