第56回ノーベル生理学・医学賞 フォルスマン・クルナン・リチャー「心臓カテーテル法の発見と発展」

  by なみたかし  Tags :  

1965年ノーベル生理学医学賞

 1965年のノーベル生理学医学賞は「心臓カテーテル法」の発見と技術確立について贈られた。

 受賞したのは発見者であるドイツの医師、ヴェルナー・フォルスマンと、技術確立に大きく貢献したフランスの医師・生理学者、フレデリック・クルナンと共同研究者である米国の医師・生理学者、ディキソン・W・リチャーズである。「心臓カーテーテル」というと、時々聞く方法だが、どんな方法だろうか?

 今日の3大死因の一つである心筋梗塞。この原因は心臓を動かす冠動脈に血栓ができたる場合に起きる。心筋梗塞になった場合には、できるだけ早くカテーテル検査を受けて、詰まった冠動脈をもう一度血液が流れる状態に戻す「再灌流療法」が最も適切な治療となっている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

今さら聞けない心臓カテーテル
クリエーター情報なし
メジカルビュー社
改訂版 確実に身につく心臓カテーテル検査の基本とコツ~冠動脈造影所見+シェーマで,血管の走行と病変が読める!
クリエーター情報なし
羊土社

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami