【デカ盛り】横浜にある天ぷらの店 豊野丼で「天丼」を食す

  by YELLOW  Tags :  

今年も『豊野丼』の食べ収めと言う事で、今回はベーシックスタンダードな『天丼』(大盛り)を食べてきました。海鮮丼やら黄金丼も捨てがたいのですが、やはり

「豊野丼は天丼に始まり天丼に終わる」

と言う事で、一年の終わりは『天丼』で終わるのが正解かと存じます。何事も基本が大事ですからね。
そんな豊野丼のバックボーンとも言える王道メニュー『天丼』の構成はこんな感じで御座います。

「海老×2 茄子 かぼちゃ ビーマン レンコン」

以上です。構成的には一般的な「豊野丼メニュー」と違いは無いように思われますが、なにげに「ししとう&椎茸」が無い事を見逃さなかった人は「豊野丼マニア」と言えるでしょうか?

とは言え、一般的な天丼に比べるとボリュームもあり、お値段も800円(大盛りは850円)とリーズナブル。ガッツリ系のランチとしては文句なしの『天丼』と言えるでしょう。

そして『天丼』で大事なのは「海老の天婦羅」も勿論ですが、一番大事なのは「御飯」です。寿司で言えば「シャリ」と同じで、コイツが無ければ丼には成り得ません。
いつもは大量の天婦羅で隠されていたのですが、今回は「ししとう&椎茸」が留守だったので写真に収める事が出来ました。

どうですか?
このシズル感は?

米の一粒一粒が艶々で「丼」に相応しい炊き上がりです。文句無しの100点満点でしょう。

若干、いつもは「凄いボリュームの天婦羅」に目が行ってしまいがちですが、それを支える「御飯」の存在を忘れてはいけません。しかも、この手の盛り系メニューでは

「米がぎっしりと圧縮されている」

と言う悲劇も多かれ少なかれありますが、こだわりの店『豊野丼』の場合は心配ありません。あくまでも「丼の美味しさ」を追及しているので、御飯もふっくらと盛られています。

まさに天丼界の「東の横綱」と呼ぶに相応しい『豊野丼』ですが、2014年は12月31日までの営業、2015年は1月6日からの営業となっています
(あくまでも予定だよぉ~ 豊野丼談)

是非、みなさんも『豊野丼』に食べに行ってみて下さい。「天丼とは、なんぞや?」の答えを知る事が出来ると思いますよ。

『豊野丼』 神奈川県 横浜市南区 真金町2-18 「よこはまばし」交差点の近く

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 日曜日

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835