意志を持つ宇宙?銀河中心ブラックホールの自転軸、宇宙の巨大網に沿う

  by なみたかし  Tags :  

 ブラックホールに続々と新発見!

 ブラックホールを発見したのは誰だろうか?、インド生まれのアメリカの天体物理学者。シカゴ大学教授のスブラマニアン・チャンドラセカール(1910-1995)である

 1983年ノーベル物理学賞を受賞する。受賞理由は「星の構造と進化において重要な物理過程の理論的研究」であった。今では「ブラックホール」としてよく知られる天体の存在を世界で初めて指摘した。

 驚いたことに彼はこの考えを、わずか19歳の時に発見した。1910年、イギリスの統治下にあった英領インドのラホール(現パキスタン領)に生れた彼は、1930年、マドラスのプレシデンシ大学を卒業。当時の宗主国イギリスのケンブリッジ大学に留学する。

 1930年の夏。幼少時から地元で「神童」と呼ばれ、数学や物理学の難問を解いていたチャンドラは、ケンブリッジ大へと留学するため、イギリスへ向かう船の甲板上(アラビア海あたりを航行中)でこの「理論」をひらめき、それをたった10分で計算によって証明したという。しかし、彼の考えは40年近くも認められることはなかった…。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

Wikipedia:ブラックホール アストロアーツ:銀河中心ブラックホールの自転軸、宇宙巨大網に沿う傾向

ブラックホールと時空の歪み―アインシュタインのとんでもない遺産
クリエーター情報なし
白揚社
ブラックホールと超新星―恒星の大爆発が謎の天体を生みだす (ニュートンムック Newton別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami