残業は労働基準法に反していないのか

  by sukeyu  Tags :  

「残業で規定の労働時間以上働くのは労働基準法に反するのではないか」という疑問を持つ人は少なくありません。実際労働基準法に反していないのか。

 

残業時間に関する法律は存在するのか

労働時間の法律はありますが、残業時間に関する法律はありません。残業は労働者と雇用されている職場での話し合いをすることで認められています。このような形で残業が認められているので、法律で取り締まることができません。ただ、あまりに残業時間が多いと、労働基準監督署から指摘を受けます。

このように、残業時間に関する法律がないので、残業は労働基準法に反していないということになります。ただ、残業で先ほど挙げた事例が発生してしまうこともあるので、雇用する側が労働者の時間管理をすることが大事になってきます。時間管理をすることで、事例の発生を防ぐことができるのではないでしょうか。

フリーのライターとして、コラムなどさまざまなジャンルの記事を執筆しています。

Twitter: @ysatoh69

Facebook: 296354597195421