地球内部はどうなっている?マントルの底に熱を伝えにくい暗く、重いマグマを発見!

  by なみたかし  Tags :  

 地球の内部構造

 地球内部はどうなっているだろう?

 表面には地殻、その下にマントルがある。上部マントルは橄欖(かんらん)岩質の物質から成ると推定される。その下に液体からなる外殻がある。外核は、鉄-ニッケル合金の液体からなる。その下が内核である。内核は固体と考えられる。

 地球のマントル底には地震の波伝わる 速さが 異常に遅くなる領域があるとされ 、主に南太平洋とアフリカ大陸の真下に多く観測されることが知らている。

 この地震波超低速度域の原因として、マントル底に重いマグマが存在る可能性指摘されていた。この重いマグマは、高温のマントル底に現在至るまで固化せずわずかに残っているという。四十数億年前の地球誕生時にを覆っていたマグマ海(オーシャン)の名残とも考えられている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 Wikipeia: 地球内部物理学 サイエンスポータル: トントルの底のマグマは暗かった? 

プルームテクトニクスと全地球史解読
クリエーター情報なし
岩波書店
地球惑星システム科学入門
クリエーター情報なし
東京大学出版会

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami