世界トイレの日 国連前に巨大トイレ出現

  by ideyukiya  Tags :  

※国連本部前に出現した巨大トイレ

昨日11月19日は国連が定める世界トイレの日。ニューヨークに本部を置く国連(UN)前にバルーン型の巨大トイレが設置されました。

 

 

なぜ、国連が世界トイレの日などわざわざ制定したのか不思議に思いますよね。これには深い理由があります。海外旅行の経験がある方ならご存知かもしれませんが、世界のトイレ事情は日本ほど恵まれていません。設備はあっても不衛生であったり、板張りで取って付けたようなお粗末な囲いをトイレとして使わなきゃいけないケースもあります。これは、私たちのようにトイレ事情に恵まれて生活を送れる日本人ならば旅の思い出に笑い話のネタになるかもしれませんが、不衛生なトイレやそもそもトイレ設備が整わないがために、世界では様々な問題が起きています。国連の発表では公衆衛生施設を使えない人が世界に25億人(約3人に1人)存在し、毎日1600人が下痢性疾患で死亡している事実があります。その多くが幼い子供達です。世界史をみても、上下水道を完備し下水処理システムが早くから確立された都市や文明は長く発展繁栄を遂げています。日本も戦後下水処理インフラを整備し、都市の衛生状況が格段に改善されました。トイレへの意識を高めることが人の健康と都市の暮らしやすさに繋がるのです。世界トイレの日はそのきっかけにすぎないのです。

画像引用:http://www.toto.co.jp/products/toilet/リンク

PN:水守 幸矢で執筆活動中。 よろしくお願い致します。 ご意見、ご感想、ご用命など→audya897@gmail.com Hp:http://audya897.wix.com/kouyamizumori

Twitter: @KOUYAMIZUMOR