玉置浩二さん たかじん名曲「やっぱ好きやねん」歌うも発音に違和感

 

11月20日、読売テレビで放送された『ベストヒット歌謡祭2014』で故・やしきたかじんさんの名曲『やっぱ好きやねん』を歌った玉置浩二さん。

生前、玉置さんから楽曲提供を約束をしていたものの果たせなかったというエピソードも明かされ、思い入れたっぷりの力唱だったがサビにきたところでとてつもない違和感が筆者を襲った。

「やっぱすきやねん~♪」

??ちゃうちゃう!

「やっぱすっきゃねん~♪」

やろが!!!

そう、関西出身の方にはよくわかっていただけると思うが、玉置さんの発音が原曲とは異なる”なんちゃって関西弁”だったのだ。

筆者がさっそく『Twitter』上でそれを指摘したところVシネマの金字塔『ミナミの帝王』シリーズで方言指導を担当していた宇野ポテトさんがリツイートしてお気に入り登録までしてくれた。

 

ドラマなどでは非関西出身俳優によるうさんくさい関西弁を聴かされることがままあるが、まさか『ベストヒット歌謡祭2014』を観てそういう体験をするとは思いもよらなかった。

合掌。

 

※画像は『YOUTUBE』から引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo