フランクルやダーウィンは正しかった、恐怖は人の強みになる!本来の自分を知ろう!

  by なみたかし  Tags :  

 極限状態の恐怖「夜と霧」

 恐怖というと「夜と霧」という作品を思い出す。「夜と霧」の著者は、強制収容所から奇跡的な生還を果たしたユダヤ人のヴィクトール・フランクル。精神科医だったフランクルは、冷静な視点で収容所での出来事を記録するとともに、過酷な環境の中、囚人たちが何に絶望したか、何に希望を見い出したかを克明に記した。

 そして、死を目前に恐怖と絶望の中にあった人々の中で、生きる意味を考える。そして、最後にどんな状況にあろうと、人は自分が何者かわかってさえいれば、希望を見いだすことができると結論を下した。

 今、日本では自殺者が14年連続で3万人を超えている。震災に見まわれ、全てを失ったという人も少なくない。運命に打ちのめされたという人、将来に希望が持てないという人が、世の中にあふれている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 NHK100分名著: フランクル「夜と霧」 サイエンスポータル: ダーウィンは正しかった、恐怖は人の強み exite.news: カルトは恐怖心で人を支配する

恐怖心をなくすには
クリエーター情報なし
サンパウロ
薬では治らない[心の病気]の治し方 ―うつ・不安・ガス・緊張―
クリエーター情報なし
現代書林

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami