【目指せ正社員!】無職、職業訓練を受ける  最終回

  by 前田アキヒコ  Tags :  


 これは1人の無職が正社員になるまでの過程を追ったNHKもびっくりな壮大ドキュメンタリーである、というのはもちろん冗談ですが、
 実際20代前半ニートとアルバイトのはざまをフラフラしていた私が、いかにして奇跡的に正社員になれたかという過程と、その際利用した職業訓練という制度について書いていきたいと思います。
 立派な学歴や職歴がないけど正社員になりたいなという方には多少興味を持って頂ける内容かと思います。

 
前回からの続き

 
今回でこの連載も最終回です。

 前回の記事の終わりに、本連載の総括でもやると書きましたが、この連載を総括してもあんまり意味のある内容にならないと(今更ながら)気づきました。
 なので変更して今回は本連載を読んできて職業訓練を検討している人のために(いるかな?)職業訓練校・職業訓練の探し方・決め方について書こうと思います。

 説明の前提として、職業訓練を受けようと考えてはいるけど、どこに職業訓練校があるのかわからない、具体的にどういった職業訓練を受けるか決めていない状態ということで話を進めようと思います。

 

その1.職業訓練校を探す

 職業訓練校を探すには、まず最初に自分の住んでいる都道府県、またはその近くの地域にある訓練校を調べるのがいいと思います。
(訓練校は都道府県内に1つだけ、というわけではなく地域によっては複数あるところもあります)

調べる方法は何通りかあり、

 まず家ですぐに調べる方法として、インターネットの検索エンジン(Google・ヤフー等)を使い「自分の住んでいる地域名+職業訓練校」で検索して探す方法があります。
 そうして検索すれば、かなりの確率で検索した地域の訓練校のホームページや、または県や市などの行政機関が県内・市内の訓練校を紹介しているページが出てくると思います。

 他の方法として、自分の住んでいる地域のハローワークに電話をするか、またはハローワークに行って直接問い合わせを行う方法もあります。

 ハローワークにはその地域の職業訓練を管轄している部署があり、そこの職員の方に問い合わせれば必要な情報を間違いなく訊きだすことができます。
 またその地域の職業訓練校の案内パンフレットなどが置いてあるので、それを参考にすることもできます。

 その他の方法としては、「独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構」のホームページから見つけるという方法もあります。
 
 以前の記事でも書きましたが、職業訓練を行っている主な機関には、行政機関以外ではこの「独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構」という独立行政法人の機関があります。

 この機関が運営する訓練施設というのは、北は北海道から南は沖縄まで各都道府県に設置されています。なので、この機関のホームページを参照すれば、自分の住んでいる県内の訓練校を見つけることができます。

 

 

その2.訓練校と訓練のコースを決める

 「その1」で挙げた方法から、訓練校の候補をいくつか見つけたら、次に各訓練校で行われている訓練のコースの種類と、訓練の申込受け付けの時期をチェックします。(基本的にコースや申込の時期はその訓練校のホームページに記載されています)
 

 訓練校を選択する際には、自分が興味を持てるコースがあるか、または申込受付の時期が自分の都合に合うコースがあるかなどを基準にして選ぶようにすれば、大体絞れてくるはずです。

 余談ですが、職業訓練のコースの種類には、割とどの訓練校でも行われているものとそうでないものがあり、割と行われているコースに関しては、同じ県内の複数の訓練校で同時期に行われるケースがあります。
 

 私が受けた機械製図コースもその部類に入り、実際に私が申込みを決める時も、県内の複数の訓練校でほぼ同時期にほぼ同じ内容のコースが始まることがわかりました。なのでその時にはどの訓練校を受けるか迷いました。
 そしていろいろ考えた末、最終的にはホームページ上でのコース説明が丁寧な方の訓練校を選びました。

 あくまで憶測ですが、ホームページでもきちんと説明しているところの方が、実際の訓練も丁寧にやってくれるんじゃないかと思ったのが理由です。
 その憶測が当たっていたのかわかりませんが、結果として私が行った訓練校ではかなり丁寧に指導して頂きました。

 皆さんも、同じような状況になった際は、説明が丁寧なほうを選んだ方がいいんじゃないかなと思います。

 

 

 ・・・職業訓練校・職業訓練の探し方・決め方については、今挙げた方法で行っていけば滞りなく進めることができると思います。

 いろいろ書きましたが、基本的にはインターネットを利用すれば簡単に見つかりますし、今ほとんどの訓練校はホームページ上で最低限の案内はしているので、訓練校を探すのにそこまで大変なことはないと思います。

 ただ注意して欲しいのは、職業訓練は一度受けると、再度別のコースを受けるには1年間は空けなければいけないことになっています。
 なので、コースを選ぶ際はしっかり吟味しましょう。

 

 

・最後に

 さて、この連載もいよいよ終了です。
 私がこの連載を行おうと思ったのは、私が職業訓練を受け、無事に就職できた時に改めてなんていい制度なんだと感動したことがきっかけです。

 今世の中は多少景気はよくなってきている感じですが、それでも私のようなロクな経歴や技術のない人間が正社員として就職するのは奇跡のようなことです。

 それが、たかだか数か月の訓練で、中小企業とはいえ就職できたというのは、ほんとに驚きというか、なんと言ったらいいのかわかりません。

 画期的な考えやものを見つけた時、誰かに教えたくなるように、私もこのすごい制度について誰かに言いたくてしょうがなくなりました。
 その結果として読んでもらえるのか、需要があるのかわからないまま、自分でホームページを立ち上げたり、こうして記事を書いたりしてしまいました。

 できるなら、私の目的通り正社員として働きたくても働けない人にこの制度の魅力やメリットが伝わっていればいいと思いつつ筆を置きたいと思います。
 長い間読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

職業訓練について筆者が立ち上げたサイト 「職業訓練を活用した就職のススメ」(www.readst.info)

 

 

もともと技術オタクで,それが高じて実際に機械系の技術職に就きました。 また機械以外にプログラミングや電子工作についても趣味でやっています。 その他社会制度や金融についても興味があり、実際に調べたことや体験したことをもとに自分なりに解説サイトを作ったりしています。

ウェブサイト: www.readst.info