食う寝る遊ぶ・でも「うつ病」かもよ?

  by pape.佐野  Tags :  

「うつ病」に対するチェックポイントなども、少しは世の中に広まって、誰もがネットで一度くらい自己診断したことはあると思います。

以前の勤め先でも、役席者のほぼ全員が「うつ病」チェック・シートの大半の項目がyes、「うつ病確定」になり「やっぱりなぁ」となりました。さすがに、WHO(世界保健機関)の調査でも分かるように、受診率は最下位(重度データなし・中度は最下位・軽度は下から二位.2009年)、自殺率トップ(先進7ヶ国対象)の日本らしい職場風景です。

そこで、うつ病の顕著なチェック項目である「食欲低下」とか「睡眠障害」とか「興味の減退」とかについて、誰でもなんとなく頭に刷り込まれているはずです。

朝は体が鉛のように重いし、会社では気分最低、労働意欲なんてゼロ、ストレス過剰でとても毎日が辛い…. もしかしたら、私も「うつ病か?」

で、こんな風に自己診断するわけですね。「私はメタボの警告されているくらいよく食べるしなぁ」とか「いつも疲れてバタンキューで寝てるし」「休日はバリバリ遊んでるぞ」だから、私は大丈夫ってことか!

ところが、今、首都圏を中心に急増している新型「うつ病」、つまり非定型うつという症状は、その名のとおり、従来の「うつ病」(メランコリー親和型)というものの特徴を示さない非定型なんですね。食欲は過剰なほどに旺盛だったり、睡眠障害にも縁遠いし、趣味や娯楽には意欲的、でも、「うつ病」として成り立っています。すでにDSM-Ⅳの診断基準まであるくらいです。

それでも、ストレス環境の中にいる内、つまり学校や職場で「うつ」状態そのものなんですね。(中には家がストレスで「帰宅拒否症」になるケースもあります)

悪化すると、朝、時間で起きなければならないとき、体が鉛のように重くなって、本当に動けなくなります。これを鉛様麻痺(えんようまひ)といって、心の強力な拒絶反応が体を動かせなくしてしまっている、つまり心のメッセージが身体言語となって顕れた、というものです。

でも、たとえば、病院にいって、「1ヶ月の静養を要す」と診断書をもらい休職したりして、遊びや趣味に関しては元気を取り戻すタイプの「うつ」なので、休職期間中は見違えるように調子がいい。そこでうっかり旅行になんて行ってしまい、それが会社に知られると「仮病」扱いされる。そんな悲劇も起こるんです。「うつ病の人にそんなパワーがあるわけないだろ?」と。つまり、冒頭のチェックシート知識によって断罪されるんですね。

今では全うつ病の30なしい40%、最近では50%にも迫る勢いの「新型うつ病」。

今年7月に厚労省が方針を発表、精神疾患を国民の健康重点課題に加えて「5大疾病」時代の到来となる今、さらにもう一段、「うつ病」への知識を深めて、本人の自己チェックも、また周囲の人の知識・理解も精度を上げないと、メンタルヘルス後進国になってしまいます。

また、「うつ病」は、人格の障害でもなく、精神の障害でもなく、「気分障害」という国際分類の上位概念になっています。だから、気になったら医者なりカウンセラーなりに相談しましょう。社会に適応している人の方が「感覚麻痺」状態なんですから、少しくらい調子がおかしい方が「まともな感性」ってことです。

30年のサラリーマン生活後、心理カウンセラーとしてNPO法人東京カウンセル設立、無料のメール・カウンセリングを行っています。「無料」そして「匿名メール」という気楽さから、多種多様な年齢層の恋愛問題から精神疾患まで、現代の「悩み」「トラブル」「精神医療の実態」全般に精通しています。日々の事件報道も、関わる個人の心理に踏み込んで行くと、物事の真相が理解でき、また悪いことも善いことも、共感の中に消化できるものです。少し違った視点からの記事をアップしていきたいと思います。

ウェブサイト: http://blog.livedoor.jp/pape2005/  個人Blogです。アクセス数は日に60~90程度です。 http://tokyocounsel.web.fc2.com/index.html 理事長をしているNPOのサイトです。 http://www11.ocn.ne.jp/~pape2005/ 西洋史オタクなので、その趣味のサイトです。