2014年のノーベル生理学・医学賞は、脳内のGPS機能を司る細胞の発見!

  by なみたかし  Tags :  

ノーベル医学生理学賞は脳のGPS発見で欧州の3教授に

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は10月6日、2014年のノーベル医学生理学賞を、脳内で衛星利用測位システム(GPS)のように空間認識をつかさどる神経細胞の発見に貢献した英ロンドン大学のジョン・オキーフ教授(74)とノルウェー科学技術大学のメイブリット・モーザー教授(51)、その夫のエドバルド・モーザー教授(52)に授与すると発表した。夫妻での受賞は5組目。

 授賞理由は「空間のどの位置にいるかを脳の中で認識する細胞の発見」。ヒトを含む動物が体内に持つ測位システムが脳内の高度な認識機能を担う神経細胞によることを発見した業績が評価された。

 オキーフ教授は1971年、ラットが空間の特定の場所にいるときに、いつも活性化される海馬の神経細胞を発見した。ラットが別の場所に移れば、別の神経細胞が活性化していた。オキーフ教授は位置決めの神経細胞が空間の地図を形成していると結論づけた。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 日経サイエンス: 2014年ノーベル生理学・医学賞 サイエンスポータル: ノーベル医学・生理学賞は脳のGPS発見

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami