食欲の秋におすすめの本(3)三島有紀子『しあわせのパン』(ポプラ文庫)

  by みほこ  Tags :  

北海道の月浦にあるカフェマーニを、失恋をした女性、母親が出ていったあと父親を避ける少女、生きる希望を失った老夫婦が訪れます。マーニを経営する水縞夫婦が作るパンと手料理、コーヒーを味わうことで、心が癒され、再生する物語です。

水縞くんが、食べる人のために心をこめて焼くパン。パンを分け合って食べるように、嬉しいことも悲しいことも誰かと分かち合えることが大切だなと思います。水縞くんが焼くクグロフやカンパーニュは味を想像するだけでヨダレが出そうです。

『しあわせのパン』は、おいしいパンとコーヒーとともに、ひとりでは味わえない誰かと過ごす幸せを書いた本です。2012年に映画化された作品のノベライズ本です。

『しあわせのパン』

作者:三島有紀子

出版社:ポプラ文庫

2011年12月5日初版

 

 

 

野球はスワローズ、好きなキャラクターはつば九郎、使っている手帳はあな吉手帳。最近ランニングを始めました。興味があることは、色彩心理学です。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/hira1978/