食欲の秋におすすめの本(2)『うさぎパン』瀧羽麻子(幻冬舎文庫)

  by みほこ  Tags :  

『うさぎパン』は継母と暮らす高校生の優子が主人公です。優子は、同級生の富田くんとパン屋さん巡りをしたり、家庭教師の美和ちゃんに、親には内緒の話をする普通の女子高生。そんな優子の前に思いがけない人物が現れます。

母の娘に対する思いや、優子と富田くんの恋。美和ちゃんと彼氏の村上さんとのダブルデートや友達の早紀とのガールズトーク。高校生の日常と周囲の人を大切に思う気持ちが書かれています。

パンの焼ける香りっていい匂いですよね。パン屋さんの前を通ると幸せな気持ちになります。この本の舞台になってる、パン屋と洋菓子店が多い街ということは、街全体がパンのいい香りであふれているのかなと思いました。本を読みながら、優子が作るパンも、富田くんのお父さんのお店のパンも、おいしそうで食べたくなりました。

『うさぎパン』は、2007年第2回ダヴィンチ文学賞(現ダヴィンチ「本の物語」大賞)大賞受賞作品です。2007年にメディアファクトリーより刊行されました。幻冬舎文庫版には、書き下ろし短編の『はちみつ』も収められています。

『うさぎパン』

作者:瀧羽麻子

出版社:幻冬舎文庫

平成23年2月10日初版発行

 

野球はスワローズ、好きなキャラクターはつば九郎、使っている手帳はあな吉手帳。最近ランニングを始めました。興味があることは、色彩心理学です。

ウェブサイト: http://ameblo.jp/hira1978/