“死んだふり”で小学生だました大阪市公募区長 公式プロフィールでは「嫌いなことは人をだますこと」

今年5月に小学校の防災学習に参加し、突然死んだふりをして児童を驚かせたことで問題になっている大阪市住吉区の”公募区長”吉田康人さん。

問題の是非はともかく筆者が調査したところ、なんとオフィシャルサイトのプロフィール欄で「嫌いなことは人をだますこと」と自己紹介していたことがわかった。

清廉潔白な人柄をアピールしていたはずの区長が、なんと小学生をだましたことで全国的に脚光を浴びるとはなんとも皮肉な出来事である。

「ウワーン!日本を変えたい!」の野々村竜太郎・元兵庫県議といい、「キモい」と言われた山本景大阪府議といい、今回の吉田康人区長といい、やはり関西人のお笑いセンスはどこかズバ抜けたものがある気がする。

※画像は『吉田康人web』から引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の誘いにより芸能活動をスタート。 2007年からは田中友直をサウンド・プロデューサーに迎えソロに転向。 代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)など。 近年はテレビ、新聞、ウェブメディアなどの媒体で音楽・芸能評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo