第51回ノーベル物理学賞 コッククロフトとウォルトン「加速荷電粒子による原子核変換の研究」

  by なみたかし  Tags :  

 1951年のノーベル物理学賞は、英国の物理学者ジョン・コッククロフトとアイルランドの物理学者アーネスト・ウォルトンに贈られた。受賞理由は「加速荷電粒子による原子核変換の研究」である。

 1928年からジョン・コッククロフトはアーネスト・ウォルトンとともに陽子の加速実験を始めた。1932年リチウムに加速した陽子を衝突させて、原子核の変換に成功した。人工的に元素を別の元素に人工的に変換させた最初の実験であった。

 「原子核変換」とは原子の原子核に他の核子を高速で衝突させたりするなど、原子核に対してなんらかの働きかけを行うことで、異なる元素や異なる同位体に変換することをいう。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用元 デーリー東北新聞: 注目の核変換技術 Wikipedia: ジョン・コッククロフト アーネスト・ウォルトン

    ←One Click please

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami