第49回ノーベル化学賞 ジオーク「化学熱力学への貢献、とくに極低温における物性の研究」

  by なみたかし  Tags :  


 1949年のノーベル化学賞の受賞者はカナダの化学者、ウィリアム・ジオーク(William Francis Giauque,1895年5月12日~1982年3月28日)である。

 受賞理由は、「化学熱力学への貢献、とくに極低温における物性の研究」である。ジオークは、それまで低温の限界が0.4Kまでであったのに対し、磁気冷却という方法を提唱。さらに低温化に成功0.25Kに到達した。この方法が評価されノーベル賞を受賞した。

 低温への挑戦は1908年、H.カマーリング.ネオス(1913年ノーベル物理学賞)が、ヘリウムの液化に初めて成功、0.4Kまで到達が可能になった。ネオスは1911年、4.2Kで水銀が超伝導になることを発見したことで有名だ。

 この0.4Kの壁をぶち破った、磁気冷却とは何だろうか?

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考 ノーベル賞受賞者業績辞典:日外アソシエーツ Neo Mag:環境にやさしい磁気冷凍 Wikipedia:ヘイケ・カメルリング・オネス ウイリアム・ジオーク FNの高校物理:冷凍・低温技術の歴史
 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami