希少なユキヒョウ写真、カシミア人気で絶滅の危機?パキスタン

  by なみたかし  Tags :  


 ユキヒョウ(Uncia uncia)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ユキヒョウ属(ヒョウ属に含める説もあり)に分類される食肉類。中央アジア、アフガニスタン東部、インド北部、ウズベキスタン東部、ヒマラヤ山脈などに生息する。

 パキスタン北部の山中に、カメラトラップ(自動撮影装置)を設置したところ、ユキヒョウをとらえることができた。設置したのは、ノルウェー生命科学大学で、生態調査のため、ノー・レパード・ファンデーション・パキスタン(Snow Leopard Foundation Pakistan)の協力を得て行われている。

 中国西部からアフガニスタン、ロシア南部などにおよそ4000〜6500頭が生息し、国際自然保護団体(IUCN)によって絶滅危惧種に指定されている。人間の前にはめったに姿を見せないという。研究チームはカメラトラップのほか、糞を採取してDNA分析を行うなど、非侵襲的な調査方法で研究を続けている。

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 
参考 National Geographic: カメラに興味、パキスタンのユキヒョウ Wikipedia: ユキヒョウ

 

自然科学大好き!最新科学情報・気になる科学情報を何でもわかりやすく発信します! サイエンスライター/理科教員/理科学検定1級/ライブドア第一期奨学生/宇宙/未来/環境/自然/気象/健康/医学/薬学/技術/IT/物理/化学/生物/地学/量子論/遺伝学/古生物/生理学/ノーベル賞/

ウェブサイト: http://liberty7jp.blog9.fc2.com/ http://blog.goo.ne.jp/liberty7jp

Twitter: @takashi_nami